Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
ドルアーガの塔〜the Chat of URUK〜【GyaOジョッキー】
 http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0082713/

 本日9日正午までの放流です。見てない方はお早めに。最終回も抱き合わせです。
 勿論最終回もこの動画内で見た訳ですが、そっちの感想はまた後程。アニマックスでも録画してますし。
 しかし久々にGyaO見たら、途中でパソコンの電源落ちた。そろそろ熱暴走が始まる季節でしょうか。去年の今頃は丁度RD視聴のためにまだ肌寒いのに扇風機回してたものです。

 遠藤がピザ届けに来た訳ですけど、本当に何処かのピザーラ店長みたいないでたちで参上してくれたんで大爆笑です。お前、ニコ動企画の方でもはっちゃけてたんだろうな…。

 しかし1枚目のケルブスペシャル(マーガン肉の薄切りとナスのガーリック焼きのトッピング)が旨そうな事。これ定番メニューにすればいいのに。
 2枚目は…イクラ丼モチーフですか。そりゃ採算取れねえよ。1万で売るしかないとの事で。ピザ生地に米乗せて醤油塗っておいて焼くって、旨そうだ。その上にイクラだし。「本読みの時にイクラ丼が大量に届いた」とか、羨ましい職場だったみたいですね。スポンサー様万歳でしょう。

 Amazonは、この番組でも宣伝されたゲームサントラ。
 アーティストに何故か載ってる遠藤から判るかもしれませんが、邪神遠藤ボイスが40個位入ってるそうですよ?現行のMMORPGとしてのゲームには一切手を出してないんですが、買おうかと思ってしまった。

 凄く楽しそうな番組でした。遠藤はっちゃけ過ぎ。
 視聴者とのチャットも楽しそうですし…RDもりあるどらーいぶ♪とかやってたんだから、こう言う企画もやって欲しかったなあと、芝生の青さを見比べてしまうものですよ。同じGyaO組だったんだから。RDだとこう言う番組回せそうなのって、やっぱりミナモしか居なさそうなんですが…まあこっちだってジルの中の人が頑張ってるだけだし、似たようなもんだろう。

 「12話の風呂ノルマどうなった」との声を予測して、遠藤が自らの風呂姿を携帯で撮影してやがりましたよ。おいおいおいおい。本当に息子さんに撮らせたとしたら、プロデューサー氏が仰るように、駄目親父といい息子さんだ…(ほろり
 でもこれってこの番組見てないと判らないネタですね。実は12話、風呂ノルマこなしてたんだよ!

 零れ話としては、「ヘナロはシナリオ3話までは男の子で、進めていくに従って、この話って女の子少ないよね?と女の子設定になった。しかしそれ以前のシナリオは修正せず、結果的に僕っ子に」ってのが意外でした。そうか、序盤はどっちつかずって印象だったのですが、そう捉えられて当然だったのか。
 最終回もウラーゴンその後があるはずだったけど、放映には間に合わなかったのでDVD追加出来たらいいなあだそうで。ちびサキュバスは、「何かに」力を使ったからカイみたいにちび化したという解釈でオッケイ。ジルの「兄さ…!」は、台本では「に」しかなかった?とにかくニーバだか兄さんだかどちらの言い掛けなのか判り辛いので、現場で変えたとか、そんな感じです。

 何にせよ、面白い話でした。遠藤が「ハッピーエンドにして下さい」と注文つけたからこそ、こう言うオチになったんだろうなあ。
| S.C. | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第11話「神をうつもの」 CS724アニマックス
 今回は地上と塔の最上階とで、どちらもギル戦。

 地上のギルガメス王と戦うのは、ケルブ。
 いやまさかこんな展開になろうとは、1期時点では思ってもみませんでした。2期が始まってからも全然思いも拠らず。叛乱起こった時点ではちょっとは考えたが、それでもジル達が戻ってくる線も考えたし、そもそも黒ギル倒してしまえば死ぬんだから地上は放置かとも思ってた。

 辺境配備の騎士団3つが加勢した事で、王宮側の兵士は全て捕縛。叛乱軍の勝利に終わる。残るはギルガメス王のみ。
 正しく孤独の王。「100年生きてみてから言ってみろ!」とは、こちら側にも言える事か。ケルブは「ガキの頃からずっとあんたに憧れてたのに!」と叫ぶが、ギルガメス王はケルブがガキの頃にはもう生に倦んでいた可能性が高い訳で。人の気も知らないで勝手に憧れ押し付けて信望してきて…と言う怒りが、黒ギルを産んでるんですしね。

 叛乱軍側もギルガメス王をフルボッコにする訳でもなく、あくまでも総大将(になってしまった)ケルブとの一騎打ちでの決着を臨もうとする。エタナ観戦モードですよすっかり。
 まあ雑魚で取り囲んでもギルガメス無双されちゃう可能性もあるんですが、それでも名のある騎士に連続して掛かられたらやっぱり倒せると思うのが人情だろう。地上の人々は、まさかギルガメス王が斬られても死なない身体とは知らないだろうから。老いで死なないだけで、刀傷ではいくら何でも死ぬだろうと。

 一方、塔の最上階では、まずニーバvs黒ギル。明らかに前座ですけどね!
 ニーバにも手を貸す事にした大人カイ。使うのは、やっぱりヒートボディ。その魔法好きだなイシターの巫女。犠牲を払う魔法使うか…消耗戦になったらまずいのに。
 「夫に手を挙げるか」みたいなギルの台詞に対して「あなたを止める事が私の願いだ」みたいな事を返すカイ。売り言葉に買い言葉、あなたを殺して私も死ぬ状態。…何だこの戦い。壮大な夫婦喧嘩、カーヤも含めたら家族喧嘩って事か?世界を巻き込んでる訳ですが。

 そこに戻ってきたヘナロ一行。彼女はピンク髪をニーバにけしかける。ピンク髪をコントロール下に置いたらしい。
 つー事は、やっぱりあのロッドを持ってる人間が命令の最上者に置かれるんですね。ピンク髪はウラーゴンを「ママ」みたいなものだと認識していたと思われますが、それでもロッドの支配からは逃れられなかった。命令に従いニーバを攻撃する姿に、ウラーゴンは「あの子にそんな事をさせないでくれ」とヘナロに言う。しかし、弱腰。

 まあ色々あってサキュバスもニーバを庇って力を失い、カイも黒ギルに捕まって子供に戻される。そして「飽きた」と言い放ち、ニーバは刺されて倒される。
 そこに飛び込むジル一行。床に倒れるニーバを見るが、それは予言の直前の光景か。カーヤはまだ無事だから。どうにか間に合ったのは、不確定要素がたくさん紛れ込んだせい?カイがやった事は無駄ではなかった?

 カーヤを磔にした挙句に殺す理由は何かとジルに問われて、黒ギルは「誕生日には七面鳥をバラすだろ?それと同じ事で、お祝いさ」とあっけらかん。
 …何だ、何かの儀式の生贄とかじゃないのか。拍子抜けと言うか、明後日の方向にぶっ飛んで行かれたと言うか…その辺が黒ギルのサイコパスめいた部分ですかね。まあ「孫娘をその手で殺す」んですから、ある意味儀式ではありますね。人間辞めて「神」(カーヤは「悪魔」と呼んだが)になるための。

 ともかくこれでジルには戦う理由が出来た。カーヤを、そんなどーでもいい理由で殺そうとする相手は、たとえ王陛下であろうとも知った事か。殺してでも阻止してやる。
 そんなノリで、パーティ全員一致団結。お前、実際に刺されて貫かれて転がってるニーバはいいんですか。

 まあそんな少年漫画なノリでパーティで戦いを挑む訳ですが、黒ギルには一向に敵いません。あっさりファティナウトゥクーパメルトが風景の一部と化してしまいます。
 ファティナはアイス戦で既に魔法切れだったから仕方ないとは言え、ここまで温存してきた他メンバーも一蹴されましたよ。やっぱり強いなあ。ジルがまだ戦えるのは、ひとえに人並み外れた頑強さの賜物でしょう。

 そんなジルを黒ギルは嘲笑う。「アレか?皆で力を合わせたら勝てるとか、そう言うノリか?」「独りで孤独に戦ってみろ!」とか、そう言う事をのたまってたと思います。

 確かに彼にはそれを言う資格がありますね。何せあなた、8ビットマシンの頃にドット絵で独りで戦ってたもんな!独りで60階の「ドルアーガの塔」制覇してたし!「イシターの復活」ではカイとふたりで塔を下りましたが、プレイヤーによっては独りで操作してた訳だし…アレって2人プレイも出来たっけ?
 今はとにかくパーティ組んで戦うのが何のジャンルのゲームでも主流ですが(アクションゲームでも、手助けしてくれるキャラで水増ししてくるもんねえ)、ギルが勇者となった「時代」はとにかく独りで戦うものでした。
 有名どころでも、マリオやリンクの孤独さと言ったら!今のシリーズは賑やかになってしまったけど、初代は寂しいもんだよ。家庭用ゲーム機でのRPGの始祖たるDQだって、初代は勇者独り旅だよ!そりゃ途中で「王女の愛」は手に入れますが、それだけですよ。
 だからゲーム漫画化すると必ず何らかのマスコットキャラを付加しないと話が持たないもんでな…と、すげえ昔の事を思い出してしまうよ。

 レゲー時代のギルと、現在のMMORPG時代のジル。ギルも言っていたが、似た名前で対決。
 プレイヤーキャラも単独vs複数なら、プレイヤー自身も単独vs複数なんですよねこれって。本当に時代の対決だなあ。判って配置してるのかなあ。

 あまりの強さと傲慢さに恐れをなしたか、ヘナロはギルを裏切ってピンク髪を差し向けた。流石にギルと言えども単独で一撃破壊は出来ないか、しばし斬り結ぶ。
 それでも時間を稼ぐ事は出来た。別にそう言うやり取りをヘナロとやってた訳ではないが、これ幸いにジルはカーヤを救出する。リボンを結んでやったりしてる訳ですけど、正直このカプには萌えないのでどーでもいいです。「ジルー!お前ルート間違えてるー!」と叫びたい心境なんだ…。

 ギルはその間にピンク髪を破壊。下地は機械体なのか。ファンタジー世界のゴーレムだから、もっと有機的なもので出来てるかと思ってました。これだと義体かアンドロイドみたいですね。機能停止する彼女に、ウラーゴンは慟哭する。
 ヘナロもギルに捕まり、首を絞め上げられる。そこにジルとカーヤが復帰。第2ラウンドを挑む。…お前ら、悉くニーバしかとですか。せめて傷治してやれよー!物凄く流血してるじゃないかー!

 カーヤはオラクルとしての魔法を色々と使ってくる。どうやら直接攻撃魔法はあんまり効果ないんじゃないのかなーと思ったか、補助魔法で攻めて来ましたね。ある一定の効果はあったようですが、それでもギルの方が強い。ジルを追い詰める。
 そこを背後から貫くのは、ウラーゴンの剣だった。

 そう来たかー!
 いや、パターンではありますけど。歯牙にも掛けられていなかった弱者が絶対強者に決死の刃を向けて、見事成就させる。ピンク髪を差し向ける立場かと思ったけど、自分が剣を振るってくるとはなー、やるなー。根性入れた表情じゃなくて、涙流した情けのない顔のままってのが、またいい。

 「孤独を知らない人間が勝てるものか」とジルを罵倒したギルでしたが、結果的に「常春の館で誰にも出会わないまでに孤独を知っていた」ウラーゴンが一撃を喰らわせる格好になりました。図らずも、ギルが言った通りに。
 そしてギルも完全に孤独な人間ではなく。カイとの日々は孤独ではなかったはずです。それもまた、ウラーゴンがあのピンク髪と過ごしたほんの数日間に当て嵌まる符号なのでしょう。繰り返すも強さも人間のポテンシャルとしても全く違う存在なのですが、「孤独」と言う意味では裏返しの存在だった。

 ギルはウラーゴンに刺されたもののそれは致命傷ではなかった。しかしジルに倒されるには充分な傷だった。仲間を、恋人を、その思いを背負って放たれた一撃に、ギルは斬られる。

 「まさか、これは…」と叫び黒オーラ撒き散らす黒ギルに、地上のギルガメス王で何かあったか?と思いましたが、地上こそケルブがやばい状況でした。ギルガメス王こそが黒ギルが倒された事で倒れましたよ。

 「昔の事ばかり思い出す。これが死か」…塔ではカイに、地上ではケルブやエタナに、看取られつつもふたりのギルは死んでゆく。やっと安らぎを手に入れた勇者。
 黒ギルの死と共に彼の身体は消滅し、それにカイも付き合って消える。壮大な夫婦喧嘩終了。ってあれ?ブルークリスタルロッドを奪還して塔を破壊する目的は?夫に絆されましたか?

 全てが終わり、ブルークリスタルロッドがそこに残された。それを手に取るのはヘナロ。でも彼女はそれを好きにするつもりはない。ギルを倒したジルにそれを委ねるつもりだった。

 そのヘナロを、ニーバが射殺する。
 まるで1期ブルークリスタルロッドを奪った時のように、他人を撃ってまで、また横取り。お前こそがネズミ男だったか。メルトじゃなくて。

 ギルに刺され倒されたニーバは動けない状態だった。しかしそれを叱咤したのは力を失ったサキュバスだった。つー事は取り憑かれているってグレミカの指摘は正しかったのだろうか。
 ともかくニーバを奮い立たせたのは「そうやって、ジルに哀れまれるのね」と言う台詞だった。

 ニーバはとにかくジルの事を下に見ていた。見ようとしていた。でもジルは着実に成長して来ていた。1期でジルも竜を殺した時点で微妙な表情をしていたが、今回の件は正に自分が倒せなかった黒ギルを倒してしまった訳だ。どう言い繕っても、兄を越えている。
 ジルはパーティの助力を受けてはいたが、ニーバはカイとサキュバスと言うふたりの巫女の力を借りてた訳で。充分過ぎる程に助力を得ている。ハンデはなしで、むしろニーバの方がでかい位だ。
 …やっぱりニーバの方がジルに対してコンプレックスを抱いているようですね。恵まれていた弟は全くそんな気分を抱かず、兄の気持ちなど知る由もなかった。

 ブルークリスタルロッドを奪うニーバに、ジルは「ニーバ、君は大馬鹿野郎だ」と叫ぶ。「兄さん」や「ニーバ」ではなく、「君」と来たよ。

 ニーバは塔に乗り込む。「ドルアーガの塔」の真の姿とは、神々すら殺せる戦略兵器だった。またでかい砲門が出てきてどっかんとやってくれたよ。
 自分をないがしろにしてきた神への復讐。それがニーバの目的だった。祈っても救いの手を差し伸べてはくれない事に疲れたのがギルガメス王だった。やっぱり黒ギルとニーバは同じような事を思っていたのですね。それは、ニーバもドルアーガの影を背負ってしまった事からも判ります。
 …黒ギルの身体から出てきた黒オーラって、ドルアーガになりかけてた黒ギルを阻止したって事なのかな。それがニーバに乗り移ったと。

 関係ない人々はまたZAPされてしまいましたとさ。1期ラストみたいな構図に。
 地上に落とされたジル達は、ケルブ達と再会。地上では全てが終わっているので、全員で力を合わせて塔の起動を止めるって展開ですかね。最終回は。あくまでも塔の形態を保ったままなら、再び塔頂しに行くとか。尺足りるのかって話だが。

 何気に死者が出まくった回でもあります。これで生き残った(消滅しなかった)のは、1期メンバーのみ?
 …ああそういやグレミカどうなったんでしょうね。雑魚に手間取ってたようですが。本当に彼女は終盤に入って株が暴落です。塔に取り残されてたんでなければ、彼女もいい加減ジルに本気で協力してくれないと困ります。

 つーか、ヘナロ入浴ノルマ、どうなったんだよ!アニマックスじゃ放映なかったぞ!
 どうやら遠藤blogによると、提供バック絵か何かだったんでしょうか?そりゃGyaOでも放映されない部分なのでは…?詐欺だろ詐欺ー!
 次回は最終回ですから、平和になった時に風呂で男祭りかなあ。ノルマこなしてない男共が。

 「神をうつもの」ってタイトルは、色々な意味が含まれているんでしょうね。「神を撃つもの」と解釈するなら、塔を戦略兵器化したニーバを指すし、「討つもの」ならば黒ギルでもある。
 或いは、「神」を自称しようとしていた黒ギルの事を考慮するならば、「討つもの」はジルでありニーバであり、他のパーティメンバーとなる。そうやって考えてゆくと、面白いですね。そう言うタイトル付けは大好きです。
| S.C. | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第10話「ラストリゾート」 CS724アニマックス
 今まで多忙で録画を見れてませんでした。感想も大急ぎで書かせて頂きます。

 遠藤blogによると、ここで言う「ラストリゾート」とは、「最後の手段」と言う意味に訳していいそうです。
 何故敢えて判り辛い英語にしたんだろう。普通に「最後の手段」とかそう言うタイトルにすりゃ良かっただろうに。

 何が「最後の手段」と言うと、これもまた色々とあって判り辛いですね。
 ニーバにとっては最後の矢、黒ギルにとっては完全にギルガメス王と融合するための手段=地上での叛乱鎮圧、ヘナロにとっては4騎士改め3騎士駆使しての塔頂者阻止…肝心のジル組はどうなんだかな。未だに「何故塔に登るのか?」と問答交わし合ってる状況です。

 ああそうそう、カイの真の目的は「ブルークリスタルロッドをギルから取り戻したら、塔自体をその場に居る人もろとも破壊する事」でした。
 だから「片道切符」と言う表現。帰る手段がないのではなく、塔もろとも崩されて死んでしまう可能性が高いから。カーヤと言いカイと言い、イシターの巫女達は自分の目的のためには手段を選ばないようです。だからこそ、これもまた「最後の手段」か。

 さりげなく黒ギルまでもが風呂ノルマをこなしてゆき(いい身体してんなやっぱり)、色々とノリノリでかっ飛ばして行きます。はっちゃけてるなあこの人。
 地上の叛乱を血でもって鎮圧させ、ギルガメス王と融合すれば全てに縛られず自由になる、それは神だと彼は言う。しかしカーヤはそれを悪魔だと。

 地上の叛乱は、エタナ率いる親衛隊叛乱軍側が篭城の構えを見せたために長期戦へと。しかし魔法使いがこの世界では強力らしく、アミナの副官だった女魔術師の攻撃でエタナが居た櫓が崩壊。
 自分の危機にも「親衛隊は死ぬ事を恐れない」と言い放つエタナ。その向こう側から「良く言った!」と、ケルブ無双来たわああああああああああああ!!兵士を千切っては投げ千切っては投げですよ。本当に吹っ飛んでるし。

 どういう事情か、ケルブは辺境巡りから援軍も率いてきていた。王都以外では「このままじゃ駄目だ」と思ってる騎士も多かったらしい。でも王に盾突く行為には違いないので、それを敢えてやらせてしまう辺り、ケルブの人徳が見て取れる。
 青・赤・緑の騎士団は、OPのモブにも居ましたね。そして原作ゲームでは、ドルアーガを倒すために必要なロッドの色でもありますが…ドルアーガとギルガメスが同化するのならば、そういう裏設定もアリなのかな…。

 ジルパーティが塔の最上階に突入したら、MMORPG版に出てきそうな雑魚がわんさかです。この辺の戦闘はMMORPGっぽいですね。前衛後衛決めてる辺りとか、その様子をニーバが上から見てるとか、援護期待したらとんずらしてたグレミカパーティとか、そんな辺りも。

 グレミカとそのパーティは、従者が殺されたので魔法の矢の充填も出来なくなったんですかね?だとしたら戦力大幅ダウンなので、ニーバを殺したいなら奇襲するしかないでしょうね。
 ジルに対して「あいつはニーバの弟だ。殺してもいい位だ」とか言ってたんで、もうギルガメスを倒す事なんかはどーでも良くなってるっぽいですね彼女。ニーバに落とし前つけさせる事一択か。
 にしても、とんずら…良くあるアニメの最強キャラじゃなく、普通の人間としての強さだった訳ですね。それなりの強さの相手には殺される可能性も判っている、現実見えてるからこその行動なんですが、にしても…一気に小物臭くなってきた…。

 メルトはクーパを探すために離脱。手ぶらなのに。
 やっぱりクーパが持ってる荷物にロッド類全部入ってたやんけー!敵に出会ったらどうするんだ。しかしそんな事を考慮も出来ない程に、クーパの事を心配しているらしい。基本はネズミ男なのに、クーパが絡むとそうではなくなるようですね。彼は。
 …でも、当人の前ではそれを一切出さない訳ですが。ツンデレ?

 籠の鳥のクーパは、自力で鎖を巻き上げて見張りを下に呼び込み、一気に落下!お前自身は大丈夫なのかおい。マジ力持ちなんですねこの子。成長したらむしろジルみたいな盾役になるんじゃなかろうか。
 生足出して、落ちてた鍵をどうにか拾って脱出。荷物背負って彷徨ってたら敵と出会い、叫んだらメルトがダッシュでやってきてくれました。しかし生足でニーバの腰をカニバサミたあ、なかなか刺激的な姿勢ですね。

 塔を進むジルパーティは、ヘナロと遭遇。
 ってここ、さっきまで黒ギルが入ってた風呂?あそこ、普通に通路だったのかよ!
 ヘナロはその風呂に、地上での叛乱の様子を投影する。って事は、地上と幻の塔との時間軸はここに来て一致してるって事でいいんですね。最大半年程度のズレか。だったらあまり違和感なく復帰出来そうですね。ともかくジル達も地上でエタナが叛乱を起こした事を知る。

 ジルからの問答にヘナロが揺れてるのかは、良く判りませんね。でもこの子はキレるといきなり眉間に矢を撃ってくるので(親父相手の例)、まだ堪えてるんでしょうね。
 ウラーゴンに対してピンク髪を連れてこっちに来いと指示。同じアミナの部下であり、王を裏切る事は出来ないだろうと。アミナの死は伝えない辺りがあざといですが。
 結局ウラーゴンはヘナロ側に回ってしまいます。が、今までとは違い、どうも迷っている様子。こりゃ後で、後ろから刺すか?或いはピンク髪を自由に行動させてやるか?或いは、彼自身が殺されて、ピンク髪が暴走するきっかけになるとか…。鍵を握りそうですね。

 ヘナロは偽ライダーことアイスに殲滅命令を下して、ジル達に差し向ける。しかし自分達は奥に引っ込んでしまう。
 「何故クーパを連れて行ったんだ?カーヤに治療させるためじゃないのか」「ファティナ達に何故とどめを刺さなかった?」などとジルに問い詰められたからだろうか、今回は遂に「殲滅」命令ですよ。全員殺せと。でも自分はその場から離れて援護しませんでしたから、自分の目の前で虐殺を見たくはなかったのかもしれないですね。そう言う覚悟は持てなかったと。
 
 ここの、アイスvs炎の魔法使いファティナは熱かった!
 この以前のヘナロとジルパーティの出会いの頃から作画が凄く綺麗だったんですが、炎の魔法をぶちかますファティナの綺麗な事。ぶちかました直後になびく髪とかね。
 魔法を温存しなければならなかったファティナだったが、アイスに苦戦するジルを見て、立つ。氷vs炎とは王道対決です。自分がここで倒れても、その価値があると思ったんだろうな。
 かくしてアイスを一撃で撃破。流石はドルアーガを倒したパーティの一員です。つーか各個撃破の対象にされたら、4騎士ってそこまで最強じゃないのか?各所各人が手こずった戦闘では、2体ずつ出現したからか?

 ニーバもイケメン騎士を、罠に掛けて撃破。サキュバスに触れさせたらドレイン効果があるようで。こっちは塔の管理者(と言うべきか)を味方につけてるんだから、反則か。
 ところでイケメンがニーバと相対した時に「王子よ!」って言ったと思うんですが、これって彼らが元々はスーマールの宝から造られた存在だからでしょうか?王族を自動認識する事が可能とか。でもそのまま戦ってる辺り、絶対服従ではないらしい。
 …と思ってたら「応じよ!」って言ってた可能性が高いのか?

 ニーバは「これが最後の矢よ」とサキュバスに渡された矢を、出現した黒ギルに射るが、容易く受け止められてしまう。カイの助力は現状は目に見えて行われていない。黒ギルを倒す事が目的なら、ニーバアに手を貸すのもアリだと思うのだが…。
 そして黒ギルの鎧が黒から金へ。完全にギルガメス王と同化した模様。とすると、地上でも何か起こってるんだろうか?あのままギルガメス王が出てくると、対決するのはケルブとなりそうだが…。

 黒ギルの背後には、扉とそこに磔にされたカーヤ。武器を使い果たしたニーバは、そこに落ちてた剣(イケメンのものでしたっけ?)を拾って抜く。
 …徐々に、1話ラストでカイがジルに見せたイメージへのお膳立てが出来てきました。これこそが彼女が感じた「予言」であり「未来」。そこに次回、ジルがいよいよ突入する。

 1話でのイメージそのままだと、ジル達が突入した時点でニーバが倒れ、カーヤが黒ギルに串刺しにされてるんでしょう。それを阻止出来るのか?間に合うのか?
 グレミカが乱入してれば何らかのきっかけを作れるだろうけど、彼女はもうニーバ氏ね状態なので、黒ギルがニーバを殺すなら見殺しにする可能性も無きにしも非ず。彼女にその気がないのに不確定要素になる可能性はある。
 さもなければ、ヘナロ側についたと思われたウラーゴンとピンク髪が黒ギルを襲うのか?それなら予告の「黒ギルに伸びるピンク髪の羽衣(?)」が辻褄合うんだよな。どうしてそう言う状況になるのかは判りませんが…そもそもヘナロ達、現在のニーバvs黒ギルのシーンまでに戻って来れるのかな。

 何か次回予告に空気読まずにヘナロ風呂シーンが含まれてたんですが、一体何がどうなって風呂ノルマこなす事に。こんな緊迫した状況で、のんびり風呂入る暇あるのか?
 つーか風呂、アイスvsファティナで潰されてなかったか?あそこ以外にも風呂ある可能性は高いけど…広い塔なんだから。
 可能性としては、戦い終わって一段落ついてしまった黒ギルに…御所望されちゃったかなあ…と。にこにこしながら入ってるし。

 ウトゥは「何故危険を冒して塔を昇らなくてはならないのか」とジルに問う。それに対し「理由なんか必要なのかな」と返すジル。
 そこにあるから昇るだけ。それが塔頂者。理由付けなんか必要ない。それに命を賭けるなら、それでもいいじゃないかと。
 無茶苦茶な論理ではありますが、冒険そのものが目的としている類の塔頂者ならば、そんなもんなのでしょう。正にMMORPGのプレイヤーキャラクターですね。我々プレイヤーは「そのゲームの世界を冒険したいから」ゲームに接続して遊ぶ訳で。ウトゥもそれでいいやと納得したようです。
 …しかし、この期に及んでウトゥはファティナとのフラグを立てますか。1期から地道に立ててる状況ではありましたが、2期に入ってからは今まで、ょぅι゛ょカイやらヘナロやらにも寄り道してるようなふいんきでしたからねー。
 ジルはカーヤのリボンを頭に巻いたままで、ファティナもやっぱりニーバの事を振り切れていない。ああやっぱり1期カップルのままに落ち着いちゃうんだな。相手に再会しちゃったらそうなる訳か。元鞘かー…仕方ないか。

 そんな感じです。11話感想も早急にやってしまいたいです。
 次回風呂ノルマはヘナロで確定なので、最終話の風呂ノルマは一体誰担当になるのか?マジで、煮汁ウトゥケルブなんかの男性キャラを公衆浴場に放り込んで裸祭りって可能性が否定出来なくなってきたような気がする…まあ、答えは既に出てる訳ですけどねー。
| S.C. | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Chat of URUK〜【GyaOジョッキー】 掘廖(流開始のお知らせ
 画像は全く関係なく、ファティナフィギュア。
 最近すっかりフィギュアづいてるもんで、これも良くAmazonさんからお勧めされててさー。しかし、発売日まで、先は長いな!

 それはともかく、GyaO恒例かつこれが最後となった、ドルアーガ地上波放映に合わせて行われた生放送の動画配信が1週間限定で始まってますよと。4/9(木)正午までとの事。1週間だけなので、お早めに。
 http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0082713/
 
 個人的にはちょっと多忙でアニマックス分でも2話録画を溜めてる状況なので、今回の生放送についてもあんまり情報入れてないんですが、何でも直前のニコ動での一挙放送中に遠藤が(タイアップしてた)ピザーラ本社にて社長の前でオリジナル考案ピザ焼いて、このGyaO生放送にそのピザ配達に来るとか言う企画やったんですっけ?
 …本当に何やってんだあのすぱーばいざー。これでもゲームの神様なんだぜ…?一定の時期を通過してるレゲーファンからすれば、マジでRD世界における久島みたいな人なんだけどなあ…。

 最終話までの都合3話分を溜めてる事になってるんで、それを急いで消化してからこの動画も見なきゃいけないなあと思っています。これ、例によって最終話もこの枠で生放送してるんですよね?だとしたら尚更だ。
| S.C. | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第9話「夢の終わりに」 CS724アニマックス
 やっと書く余裕が出来た…。10話は録画したままほかってます。こっちも早急に見ないとな。
 もう本放映から3週間経ってると思うので、隠しませんよ。ここまで来ると何処の地域でも放送終わってると思うし。

 ヘナロが遂に本性現した訳です。4騎士のうちのふたりを支配下に置き、満を持して裏切り。でも正面切って説得から開始してるわ結局「殲滅」モードにはしないわで、甘い子ですね。
 重傷を負ったクーパをカーヤと共に連れて行ったのが決定的でしょう。カーヤは「王女イシュハラ様」として黒ギルの元に連れて行かなきゃいけないとして、クーパは別にそんな事ない訳ですから。途中でカーヤが目覚めてからまずさせた事と言えば、クーパの治療ですから、これはクーパを殺したくないからこそ攫っていったと見るべきでしょう。

 …連れて行ったら行ったで、今度は黒ギルにどうにかされないとは思わなかったんだろうか。或いは今まで会った事もなければ、人格すらも伝わって来てないんだからどういう人間なのかも知りようがなかった訳で、あんな暴君だとは知らなかったのかもしれない。
 ヘナロは「今晩どう?」と黒ギルに顎掴まれて紅くなる辺り、ハニートラップ仕様ではないようですね。大食い技能と4騎士制御ロッド持ちってのを買われて雇われてるって感じだろうか?

 しかし…クーパは半ば事故のようにイケメン騎士に袈裟懸けに斬られた訳ですが、何でアレで服そのままなんだろー。この前派手に戦闘して湖落ちしたカーヤは服びりびりなのになー。何ですか体型の差ですか?でも、メルトをやっぱり庇うんだなあ。
 それにしてもテレ東系列放送なのに、見事に流血描写してましたね。斬られた時には血飛沫飛ばず、倒れた後に血溜まりが広がっていく…だから、そこは怒られなかったんだろうか?

 ヘナロ+イケメン騎士&偽ライダー騎士に攫ったカーヤとクーパを加えたパーティは、騎士の力を使ってワープゾーンを使用。一気に最上階に到達。黒ギルの元に一番乗り。
 ああ、やっぱり、ZAPが出来るんだから逆に登る事も可能な訳ね。途端にゲーム原作なんだなあと言う気分に。1クールなんだから地道な踏破はやってる暇ありませんねそうですね。

 黒ギルに引き合わされたカーヤは遂に彼に立ち向かう訳ですが、そこで使ったのは短刀1本。儚い抵抗の末、あっさり押さえ込まれて小指折られて終了。

 …えええええええ!?
 もっとこう、最終呪文みたいなものは持って行ってなかったのかよ!
 ジルに「塔のてっぺんに連れて行って」と頼んだのは、あくまでもそこまでの道程を露払いして貰うためだと思ってたんですよ。黒ギルを倒す手段はあるけど、そこまで行くのがしんどいなあと。仮にもイシターの巫女なんだから、ふしぎなちからでギルを倒せるんだろうなと。
 そうじゃなかったんですね。黒ギル倒す所まで、パーティメンバーに依存しようとしてたんですね。むしろパーティの最終目的を「黒ギル討伐」で統一してなきゃまずかったんですね。おいおい。
 だから、1期終盤に「どうして塔を昇るのか」を執拗にジルに訊いてたのか。最後まで付き合わせるつもりだったからか。

 しかし…小指ぱきりは精神的にキたわ。痛いよ。
 しかもその後カーヤが自力で治療する際、自分でまず指伸ばして骨の位置戻してるし。その時の音もまた痛え痛え。回復魔法掛けたら自動的にぱきぱき戻ってくれないんですかね全く。
 クーパ流血と言いこれと言い、今回はテレ東規制に挑戦するかのような描写が続きました。直接的なグロじゃないから規制逃れも可能だったのかな。

 とっ捕まった籠の鳥状態にされたカーヤとクーパは、そこで会話。クーパは相変わらず毒舌だ。でもお通じとか水虫とかは、お前それメルト念頭に置いてるだろ。
 何だかんだでわだかまりは解けた…のかな?

 ジルパーティはヘナロの裏切り自体にはそこまで衝撃を受けていない…と言うか、彼女を恨むような状態じゃないっぽい。
 クーパを斬られたメルトはそうでもないようだが、後になってやってきたウラーゴンをぶん殴る事でそっちに転嫁しちゃってるふいんき。「幻の塔に向かうなら従者は置いて行くと言ったのに無理矢理一緒に連れて来られたからこんな事に!」と言う論理で。
 しかしウラーゴンをぶん殴るメルトは男前だったよ。ネズミ男とか言ってて正直すまんかった。

 ウラーゴンはピンクツインテールと親子関係みたいな事になってますね。4騎士としての特殊能力たるワープゾーンを繰り出した時には、まるで娘を見るような目になってましたし。相手からは「ウーラン」呼ばわりだし。
 死者の館でウラーゴンは誰も召喚出来なかった、つまり深い関係を抱いた人間は今まで居なかった。そんな彼が初めて得た人間関係と言う事ですかねえ…人工物なんだから多分最終決戦で壊れるんだろうけど、どうにか生き残って欲しいなあこの子。ファンタジー世界なんだから、起動してる事自体は受け容れられると思うんだよ。

 従者殺されてマジギレモードのグレミカは、ジルに共闘を持ちかける。ニーバをしばき倒さないと気が済まない様子。もう黒ギルどうでも良さそうだな。しかし名無し部下も何名かは生き残ってたのかいまだ。
 ピンク髪見て「4騎士は元々はスーマール所有の闇の鎧から造られた」と言ってましたが、スーマールの流れを汲む彼女らが持ってなくてバビリム派のパズズが持ってたってのは意味深ですね。4騎士に改造したのはバビリム派なんでしょうか。

 ともかく大所帯になった主人公パーティは、ピンク髪の能力でワープゾーンを開く。塔のてっぺんへ。
 人数だけは多い訳ですが、実力者はグレミカとピンク髪程度か?でも初期からのジルパーティだって仮にも1期ドルアーガを倒した勇者メンバーなんですから、そこまで実力を過小評価する必要はないはずです。足手纏いになりそうなのはウラーゴンのみで、それはピンク髪が守ってくれるでしょう。
 …もしかしてメルトの荷物ってクーパの荷物として騎士達に持って行かれてましたっけ?なら、彼は「魔法」使えなくなってるような気も………やべえ、こいつ紛れもない足手纏いだ!

 逃げ出したカイは、結局同じ巫女であるサキュバスに捕まって首輪プレイ続行。ニーバと合流し、ヘナロパーティが使ったワープゾーンを流用して彼らも塔のてっぺんへと向かう。
 巫女ふたりを確保しているニーバパーティが、現時点のパーティでは最強でしょうね。人数が足りない=盾がいないってのが、パーティとして唯一の弱点か?でも守るべき存在がいないから自由に戦えるってのもあるよな。

 地上では、風呂ノルマをこなしたエタナが叛乱を開始。500対2300と言う圧倒的に勝ち目がない戦い。これは充分ではない状況で決起せざるを得ないように持ち込まれた事も要因。
 美肌パーティも全力で戦ってます&矢を受けて死にそうになってます。彼女らも単なるモブで終わらんかったなあ…このアニメ、無駄なキャラ殆ど居ないじゃないか。名前さえ貰ってたら最後まで出張ってくるよ。
 風呂って言うより身を清める行為にしか見えなかったんで、やっぱり死を覚悟してるんだろうなあ。しかしいつも鎧だから判らんかったけどいい身体してんな全く。

 叛乱軍が若干敗走気味になっている所に、ギルガメス王はカーヤの敗北を知ってしまう。そしてアミナがヘナロを使って黒ギルに協力していた事も、そうやって王女イシュハラを捕らえた事も。
 「強い王が必要なのです」と熱弁を振るう彼女を、ギルガメス王は斬ってしまう。全てに絶望したギルガメス王は黒ギルとほぼシンクロ。叛乱軍も全部斬って捨てる勢いで出陣してゆく。

 斬られた瞬間のアミナの表情が判らなければ声の調子も動揺していなかったので、もしかしたら彼女は斬られる事で「強い王」を完成させようとしていたのかもしれない。勿論自分が死ぬ事が最良の選択肢ではないだろうけど、それもまたひとつの選択肢として含めていたのかも。
 それだけの覚悟があったのならば、彼女の信念も絶大だったんだなあ。小物じゃなかったね。雌豚とか言って正直すm(ry

 黒ギルはカーヤを連れて塔を眺めると、どんどん塔の光景が消失してゆく。ギルガメス王と黒ギルがシンクロしようとしている今、幻の塔は存在意義を失いつつあるからだ。ギルガメス王の夢は終わったのだと言う。
 となると、死者の館はどうなるんでしょうね。あそこに居残りしているクムの安否が気にかかります。でも幻の塔消失って事はガーディアン的魔物達も全部消えるって事でしょうから、あの場に取り残されるか天空の宮までZAPされるかって感じなら大丈夫かな。

 カーヤはイシターからの伝言「残念です」を黒ギルに伝える。
 って事はやっぱり神は実在するか。1期EDの最初の女性はイシターって事でいいんですよねやっぱり。2期OPにはこっそり映ってないのかな…。

 最後と次回予告はケルブが持って行ったので、地上叛乱パートには彼が大乱入するんでしょう。次回はギルガメス無双vsケルブ無双か?それまでにエタナが死んだり美肌パーティに犠牲者が出ない事を祈る。せめて再会させてくれよー。
 そんな感じです。ケルブが仕入れたマンガ肉もといマーガン肉喰いたい。…今実際に書いて気付きましたが、マーガン肉ってマジで「マンガ肉」からもじってそうですね。
| S.C. | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第8話「二人はかつて」 CS724アニマックス
 煮汁か汁煮か、それが問題だ。

 …一体何を言っているのだ俺は。いや遠藤blog考察によると、それって公式スタッフ間でも議論されてるっぽいしーOPからしてそうだよねー。

 勿論俺的にもネタですよ。RDにおけるクシハルクシと同様に。…いや、あっちは最終話まで感想した今でも、どう考えてもクシハルが鉄板だと思ってますがね!お互い愛し合ってても、その矢印の量の違いが半端ないって!(おいこらちょっと待て
 …カプ論争は宗教戦争にも似ているそうですので、本気にされたが怖いのでこの辺にしておきましょう。

 そういや前回からOPの映像が若干変わってるようですね。ニーバが投げたフォークが1本から大量になってる所(だからこれはどんなアニメだ)しか判りませんでしたが。

 常春の館を出発したジルパーティ。しかしそこをゴーレム騎士に襲われる。
 この人数で逃げ切るのは難しいと考え、ジルが囮になって他のメンバーを逃がす作戦を取る事に。
 戦いつつも逃げるジル。その最中、彼はニーバと再会する。
 ニーバもまた、臥したカーヤを休ませて次の階層への扉を探していた所だった。
 ようやく追い付き追い付かれた兄弟が、ここで語り合う。兄が塔頂を目指す、真の目的とは?
続きを読む >>
| S.C. | 09:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第7話「常春の館」 CS724アニマックス
 ラストにじーんと来てしまった。

 1期のアーメイの死でも涙しなかった俺が、こんな事で軽く涙ぐんでしまうとは…。やっぱりキャラの関係性の積み重ねと成長って大切だよねえ。伊達に2クールアニメじゃないよな。
 
 謎のガーディアン的2体から逃れ、扉をくぐったジル達は、今度は謎の庭園に辿り着いていた。
 ここが次のフロアか?疑問を抱きつつも、彼らはメルトとクーパと再会する。
 そしてその館の前に立っていたのは、半年前のドルアーガ戦にて死んだはずのアーメイだった。

 以下感想と考察。
続きを読む >>
| S.C. | 07:01 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第6話「4つの刺客」 CS724アニマックス
 先週日曜のアニマックス放映後にメモ取ってたんですが、忙しくて纏め終わってませんでした。
 もうかなり今更なので、隠したりはしません。そのまま公開。



 今まで場所や地名でタイトル統一されてたと判断してたんですが、今回は違いますね。法則性が壊れた。

 4騎士ってのはドルアーガみたいなガーディアンで人工物なんですね。だから今回のタイトルは「4つの刺客」なのか。「4人」じゃなくて。会話もアンドロイド状態で声の演技にも感情篭っておらず、エフェクト掛かってる奴もいますね。
 EDのキャストで全員の名前は確認出来ますが、面倒なのでここでは以下の通りに。この表記で皆さんも大体判るでしょ?

・ピンクサイドテール
・イケメン
・アイアンゴーレム
・偽ライダー

 ほぼ全員が飛び道具持ちのようですね。近接戦闘もこなせる様子。
 逆に補助魔法とかを使用するタイプの奴はいないのかな?偽ライダーが魔法めいた攻撃を仕掛けてきていましたが。

 今回はニーバ&カーヤパートも久々に。彼らも順調に踏破しているようです。
 そして冒頭のピンクサイドテールによる風呂シーン(あれってそう言う設備があったから出来たんだろうか?それとも彼女の特殊能力?)で「幻の塔」らしき全景が見えたんですが、あんな構成なんですかね。きっちりとした「塔」じゃなくて、あんな風な空間が連結してるような感じ。
 で、ニーバとカーヤもジルが今まで来た道程をきちんと踏破してるんですね。前回の影ステージにはカイの魔法で彼らの足跡が表示されましたし。

 そして彼らの発言から、彼らが幻の塔に突入してから「10日」しか経ってない。
 しかし、塔から落とされたジル達は「半年」を過ごしている。ジル達は1期から2期の間にもう一度ドルアーガの塔改めギルガメスの塔を踏破し直しているから、幻の塔のみが時間の進み方が違うようですね。

 つまり、ジルが幻の塔に突入してからは、メスキアパートと時間の進み方が全く違っている事になる。ジル達はもう2,3日は経過してるんですかね。だとすれば、最低でも1ヶ月は経過してそうだよ地上では。
 やけにギルガメス王の暴君化が唐突だなあ…と今まで思っていたのですが、そう考えると納得が行きます。塔頂者パートより時間の流れが速かったのか。だからどんどんギルガメス王がえらい事になってたのか。むしろ設定上、緩やかに描写してたらまずいって事か。
 しかしこの状況だと、ジル達があまり時間を掛けると浦島太郎状態になってしまいそうですね。根無し草の彼らはまだいいけど、ウラーゴンのような宮仕えな人間は、戻って来たらアミナが寿命で死んでましたとか言うオチが来そうですよ。

 エタナもあれでいて、もう親衛隊として馴染んでる状態なんだろうな…。
 叛逆者らしき人々の処刑場でのラスト、彼女が剣を見ていたのは、やっぱり叛逆フラグなんだろうか…。でも彼女、ギルガメス王がまともな存在ではないと判っているだろうから、剣のみで殺せる訳ないと。

 カーヤが「ヒートボディ」使いましたよね。呪文名が出てきたのって1期から通しても初めてじゃないでしょうか。「イシターの復活」プレイ経験がある人間には非常に懐かしいフレーズでした。以下、wikiから効果を引用。
Heat Body (消費MP:128)
ギルの体を熱くし、ギルが体当たりして敵を攻撃する呪文。効果があるモンスターを一瞬で倒すことができる。効果の持続時間は約4.5秒。使用するとギルのHPが20減るだけでなく、コンティニューしたときにHPの最大値が20減ってしまうため注意が必要。さらに、ギルの現在のHPが50以上ないと Heat Bodyが発動しない。ENTRANT HALLでは使用できないが、使うとMPはしっかり減る。

 その最大HP減少っぷりから、なかなか使うのを躊躇う呪文ですね。アニメでも「ある程度のHPが残ってないと発動しない→ニーバにはまだ余力があった状態での使用」「効果のあるモンスターを一瞬で倒せる→苦戦してたイケメン&偽ライダーを瞬殺」と、きちんとゲーム準拠した効力になってたと思います。

 で、ニーバとカーヤは、あくまでも黒ギルを倒すと言う目的が一致しているから、共に旅しているようですね。腹いせにニーバがカーヤを押し倒した時には、今後どんな同人が出るんだろうと思いましたが。
 でもこの分だとカーヤはまだジルを引き摺ってるんだな。ジルも微妙に引き摺ってるっぽいし、OPから考えるに、このふたりって再会したら元鞘に戻ろうとしちゃうんでしょうか。ファティナが可哀相だなあ。

 4騎士ですが、命令がない以上…と、殲滅モードに入ってしまいました。
 元々はパズズがドルアーガを倒すために持ち込んだ連中みたいですけど、あの強さを思うとオーバーキルなんじゃねーのかと思いたくなります。アレぶつけないと勝てないと思ってたんなら、ジル達ってどれだけ成長してたんだよ。

 殲滅モードに入ったからか、2体ずつに分かれて行きました。1体ずつで幻の塔を徘徊するんじゃないのか。何か意味あるんだろうかあの組み合わせ。
 
 ピンクサイドテールは知能がないんでしょうか?言葉を反射する事しか出来てないっぽいし。
 グレミカに撃墜されて気絶したっぽい所を、メルトクーパ組が出会う。あーこれでこのパーティにお持ち帰りされて味方化するんでしょうか?確かにこのパーティだけ他の2パーティより戦力低いもんなあ。直接攻撃出来る人間もおらんし、黄金騎士団はこれから数減らすだけだろうし。

 しかしニーバカーヤの苦戦振りを考えるに、グレミカ(正しくはあの炎の矢)ってどれだけ強いんだ。一撃必殺じゃないか。
 あのチョーク使いの少年も不思議な技使いますね。結界のようなものを張ったり、矢に力を込めたり…ヘナロ同様にドルイドなんでしょうか?
 グレミカパーティも雑魚兵士全滅したっぽいですね。黄金騎士団より手練揃いだったでしょうに、あいつらより先に逝ってしまったか。やっぱり4騎士は強いなあ。

 ヘナロですが、順調に敵側フラグが立ってきているような気がします。独りきりの時に敵を豪快に踏み潰したのは、素なんでしょうか?そうとは言い切れないとは思うけど。
 元々何故あっさりグレミカ側から解放されたのかも謎ですね。彼女と何らかの密約が交わされていたって可能性も。

 そして何かちかちか光ってましたよね。アレってヘナロのボウガンの先端?そして反応し合ってたのは、あのアイアンゴーレム?どういう事だろう。
 まさかのヘナロ4騎士だった展開?アイアンゴーレムは実は彼女の僕とかで。

 どちらにせよ、あそこまであからさまにちかちか描写やっておきながら、何もありませんでしたはないでしょう。ファティナや空気化してきたウトゥにも怪しまれかけてますし。

 そんな感じです。

★次回風呂担当予想★
本命 クーパ(ピンクツインテールの風呂作成機能により
対抗 アーメイ?(予告に出てきた貴重な女性キャラ
大穴 ウラーゴン(理由はクーパと同様+暑がっていたからだが、貴様の裸なぞいらんわ帰れ

 …これアップした段階では解答はもう出回ってる訳ですけどね。でも俺は一切情報入れてません。
| S.C. | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第5話「影の国」 CS724アニマックス
 これからが真の戦いだ…。

 と表現すべきか判りませんが、いよいよ幻の塔への挑戦が始まりました。各々のパーティがそれぞれに戦いを進めている様がTRPGらしくて好みです。電源無ゲーマーの心をくすぐるなあ全く。
 OPで野球出来るだけあって(その表現もファンタジー舞台としてどうなんた)、このアニメって登場キャラが結構多いんですが、4パーティ+地上組に分かれてるんでそれぞれにある程度キャラ立ってて判り易いですね。未だに名前把握してないキャラも居ますけど。

 ジル達は幻の塔への階段を昇り、誤って落下する。
 落ちた先は、砂漠のような世界。そこでヘナロと再会する。どうやらグレミカ達もこの先に居るようなので、進路としては間違っては居ない様子。
 そんな中、敵が出現する。黒い魔物が大量に。果たして彼らはここを踏破する事が出来るのだろうか?

 以下、感想。アニマックス派になっちゃってるので、もうネタバレとかあんまり気にしなくて良さそうなんですけどねえ。
続きを読む >>
| S.C. | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」第4話「幻影の中へ」 CS724アニマックス
 オープニングイベント終了。

 今回もやっぱりアニマックスで見ました。
 こっちはこっちでリピートなしの放送だから、地上波アニメみたいに気合入れて予定してないと駄目なんですが…。5話はどうしようかな。いい加減GyaOで見られる時間を作れるかな。

 半年前にドルアーガと戦い倒し、裏切りの場となった天空の宮まで辿り着いたジルパーティ。しかしやはりと言うか、幻の塔への道も何もなかった。
 やっぱり何もなかったから帰ろうと現実的なファティナに対し、もっと探索しようと言うジル。久々に揉めまくるケンカップルをよそに、自称巫女の幼女カイは何やら呪文を唱えていた。

 そして振動と共に、奴が現れる。
 半年前に倒したはずの、ドルアーガが。

 以下感想。
続きを読む >>
| S.C. | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Web拍手

一言

お勧めエントリ

ゲームセンターCX 年越し生放送レポ+未放映分
ゲームセンターCX 24時間生放送SPレポ
ミスチルツアーセットリスト(09スパマケ+09終末+07HOME)
MELL「Red fraction」和訳
「RD 潜脳調査室」をこれから視聴する人のためのFAQ
「RD 潜脳調査室」擬似インタビューシリーズ(全6回)
「RD 潜脳調査室」フェイバリット5+全話感想アーカイブ
RD関連記事&関連商品アーカイブ
タクト様ゲームプレイログ2

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS)
直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
吉川 博尉
12/22発売。今回は既にAmazonしました。

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2]
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2] (JUGEMレビュー »)

11/21発売。勿論さくっとAmazonしましたよ?

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組)
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組) (JUGEMレビュー »)

8/28Amazonさんから届いたあああああ!!

Recommend

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,LAST ALLIANCE
8/28Amazonさんから届いてたあああああ!!2枚組だからもっとごっつい荷物かと思ってました。

Recommend

RD 潜脳調査室 Redeemable Dream
RD 潜脳調査室 Redeemable Dream (JUGEMレビュー »)
秋田 禎信,士郎 正宗 (原作)
8/9確保。流し読んだけどまともな感想は盆開けにでも。つーか久島は永一朗だきちんと校正してくれ。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links