スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
「直感少女☆ミナモ-RD潜脳調査室-」1巻
 携帯サイトは一切見ていないので(俺のホワイトプラン一択なソフトバンク携帯は受信用かつメモ帳兼音楽プレイヤーだ)、このスピンオフコミックは単行本で初めて読んだ事になります。これ携帯だとどんな風に見えてるんだろうな。
 1話辺り10Pで、13話まで収録。1話毎にアニメ1話が相当しますので、丁度半分が収録されている事になります。2巻は12月発売予定だそうで。

 折角なので、設定拾いつつ全話感想書いてみようかと思います。スピンオフなので何処まで本編準拠なのか判りませんが、脚本がシリーズ構成の藤咲氏なので一応拘ってみようかと。

 以下、思いっきりネタバレ感想。未読者の方は注意。
 尚、最後の方に何故か唐突に唐津ロケハンの写真が載ってたりしますので、ちょっと重いかもしれないですよ。





●第1回「はじめての人工島」
・ミナモは「今までお母さんとお婆ちゃんと一緒にオーストラリアに住んでいた」。そしてお母さんの仕事の都合で人工島入り。
・居住区域はLBI-025。水上バスの最寄り駅は第一居住区前。
・PGとの意思疎通はメタルを介してのみ可能。つまり音声で呼びかけても駄目。

●第2回「はじめての蒼井家」
・で、2番通りにあるのか?蒼井家は。
・自販機もメタル対応。
・何気にミナモがソウタの事を「ソウタ兄」って呼んでますよ。ドラマCDのソウタがちょっと喜びそうな。
・人工島の海洋資源は豊富なので、養殖ものだが魚は食卓に届く。
・でも野菜類は水と栄養物質から作られる合成ものが多い。
・そんな中でも、ソウタはピーマンを屋上菜園で天然ものとして作っている。
・でもミナモが嫌がるもんだから「俺がお前に絶対にピーマンを食わせてみせる!」と気合を入れて、蒼井家の食卓にはピーマン常備となったとさ。
・ミナモがサヤカとユキノと仲良くなるきっかけは、同じグループに割り振られたから。その初対面時からいきなり「ニャモ」呼びですよサヤカ。

●第3回「はじめてのアンティーク・ガル」
・アンティーク・ガル…「かもめ食堂」ってのはサヤカが勝手につけた愛称なんだろうか?
・で、実はこの店は喫茶店ではない…と、5話への伏線ですか。
・ドリブラ兄弟。アユム兄貴は波留に救助された後は入院中。
・何故に「花屋でもやろう」なんだユージン。
・アユムはダイバー歴10年らしい。なら、現在は20代後半〜30代前半って感じか?
・ところでアユムが包帯ぐるぐるにされたのって、看護婦さんが自己申告した痛い所(無論仮病)に、あちこち巻いてしまったからなんですかね。
・何か痛い人が出てきました。PG開発に命を賭ける電理研研究者、ミズシブキ永一郎。変換が混ざると面倒なので、今後はミズシブキ呼ばわりにしようかと思います。
・PG開発の書類も久島が目を通して許可出すのか。仕事はメタル開発だけじゃないのか。大変だな。そしてメタル普及してる電理研なのに、分厚い書類提出でハンコ押すのか。
・ミズシブキもアンティーク・ガルの常連らしく、彼女さんも居ます。

●第4回「はじめての○×△体験!?」
・アダルトサイトってそう言う事かー!!爺ちゃん婆ちゃん達もメタルを満喫してますなあ。
・アユムは退院したようですが、相変わらず何もしてません。思考圧に晒されて危なかったので、大事を取っている。
・で、アユムはボブ周恩の女性アバターの影響を受けてしまい、女言葉混ざったり小指立てちゃったりですよ。
・ハナマチで太腿撃たれて白濁垂らしたホロン。ソウタに布で手当めいた事を受けていた。「内部の部品交換は必要ですが、表面は自己修復します」…肌の部分は治るんですね。自分で。
・電理研オペレーター、堤ノゾミ嬢。久島に憧れてます。どうやら衛さんの部下らしい。

●第5回「スーマラン秘話」
・技術開発課所属のミズシブキ暴走中。アッー!!っておいおいおいおい。
・「ではボブ周恩氏の使用した女性化プログラムを24時間使用し、レポートに纏めてくれたまえ」…久島部長、もしかして波留があんなにどたばたしてなかったら、その案件は波留に回すつもりでしたか?
・アンティーク・ガルの過去。シマ子の伏線はこのコミック最終話辺りで回収されるんでしょうか。本編アニメにも進出しましたけど…。
・アンティーク・ガルは10数年前に開店。マスターは喫茶店をやるつもりだったが、シマ子さんは骨董屋さんをやりたかったために強制的に方針転換。んー、つー事はマスター、30代後半〜40代前半?
・ミズシブキによるPG開発。あーはいはい(流しモード)。アイアン・シュバルツに壊されたPGはベータ版だったらしい。
・そしてスーマラン秘話。ミナモは折角入手したスーマランを壊されて涙目。それを見たソウタは久島に電通する。そして波留はスーマランを片手に電理研から戻ってくる…。
・つまり久島から事情を訊いて、久島の部屋で波留の私物の大発掘大会が展開されたっぽいよ。ところで「蒼井君」呼びってやってましたっけ波留さん。「蒼井さん」じゃなかったっけ。
・「ミナモを宜しくお願いします」って、嫉妬に駆られた(語弊ある表現)6話冒頭に繋がらないような事言ってますねソウタ。

●第6回「ミナモ伝説!」
・中央図書館の司書さん、いいキャラしてるぜ!一発キャラなのに設定画が存在するだけの事はあるぜ!
・「とにかくハデ目のものお願いします!」→「燃えよ 爆裂拳 クロガネシンカイ伝」
・「年の離れたカップルのらぶろまんす!みたいな♪」→「薔薇の躯」…ってミナモ、その希望はまさか、自分と波留さんを重ねているのでは…もうこの時点でか!で、この小説には元ネタあるんでしょうか?18世紀を舞台にしていて、ミナモが赤面して、司書さんがやっぱり子供ねーと思うレベルらしいが。
・「ドイツで書かれたSF小説でして、未だ電子図書として観光され続けている人気のシリーズです」…こっちは速攻でぴんと来たわ。「ペリー・ローダン」シリーズか!2061年になってもまだ完結しとらんのかよおい!ちなみに私は未読です。ハヤカワのを読んでる人居るんだろうなあ…。
・そうやって「銀色の剣」に行き着いたのでした。罵倒合戦があるくせに「児童書」分類らしい。
・サヤカがミナモをいじってますが、設定には関係ないので割愛。
・サヤカによると、「ニャモのお兄さんなら電理研統括部長付けの秘書のようなものだって言うじゃない。インターンとは言え将来有望」との事。
・最後の締めはミズシブキネタ。1回1ネタ。

●第7回「ミナモ大暴走!!」
・ダップーを知らないサヤカとユキノ。「随分昔の番組なのねえ」「しかもオーストラリアローカル」…そうだったのか。でもミライノチカラでダップーネタ知ってる奴居たじゃん。
・ミナモのお弁当袋は「視聴者プレゼントで当たったレア物」。
・本国オーストラリアでは映画化3回。第3弾の「行けっ!ダップー!これが最後の事件なの!」がお気に入りのミナモ。ダップーのいとこのパピプー…ああややこしい。
・ってソウタ、お前もダップーにはまってきてるやんけ!弁当作るなよ!
・しかしソウタは本当に久島を崇拝してるなあ。
・ミズシブキネタ。メタルに待ち受けってあるのかよ!しかも久島の輝く笑顔!段々キモくなってきました。
・で、締めはミナモのダップー独演会。第85話「飛んだ帽子はどこいったの?」までは確実にやった。ここからがしんこっちょーなんだそうな。
・でも波留さん轟沈。第23話「ダップーそこはよろしくね!」以降の記憶がないとの事。
・…つーか、個人的にはこのアニメ7話の後に「ミナモは波留の事務所でダップーのメディア持ってきて上演会とかやったんだろうな」と思ってたんですよ。そしたら公式では更に上を行ってましたか。

●第8回「人工島の怪談!?」
・皆で寄ってたかってUMAをしかとし通す回。
・直感少女☆ミナモには霊感はないようだ。
・ミズシブキは真面目にユーレイを捕まえるPGを作成。ってメタルに転送していいのかよそんなもんを!ま、相変わらず久島には不許可印押されますけどね。
・ハナマチのSSKSALONでの聞き込み時、ソウタは「クロガネシンカイの数少ない実戦映像を収めたリアルバウト21映像ソフト」にドキがムネムネしております。「都市型対義体格闘術を極めようとする者が欲しがる超レア物じゃないか!」…はあそうですか。
・久島にもUMAは見えません。ソウタはハナマチの下水に足を突っ込んだそうな。

●第9回「蒼井家、大暴走!!」
・ソウタも昔はピーマンが嫌いだったようです。遺伝なのか。
・しかしこんなウィダーインゼリー(商標)みたいなパックが通常の食事なのか。人工島、あんまり住みたくないかもしれん。
・これが通常の食事だけあって、一体何種類あるんだよ…しかもイカレた味もあるみたいだし。衛さん、辛党なんですか?
・ミズシブキが誤解する中、蒼井父子がミナモの授業参観のためにマジで話し合う。「とりあえず久島部長の承認が下りてから」って、久島は本当に色んな事をしてるな。
・ところでこの授業参観、8月30日って書いてあるんですが。えらい先の話ですね。
・衛さん、薪を割る練習っすか…偉い人の考える事は良く判らん。

●第10回「蒼井家、大妄想!!」
・エライザ…どんな占いしてるんだよ…。
・そしてエライザにソウタが何を見せられたのか。「まさか俺の思考を読み取って、ホロンのあんなこんなでそんなこんな様を…しかも声色まで使って…」で、背景画がホロンのえろい感じ。お前って奴は…。
・そしてホロンと久島が連携して「解析のために検証データを寄越しなさい」攻撃。ミナモも「皆知っててやってるんだろうなあ」なので、ソウタが何を見たのか大体理解しているようです。お前ら…。
・今回はネタ満載です。電理研七不思議のひとつ、開かずの倉庫に保管されていると言う、未電脳化者用ダイブギア。旧型ダイブスーツ…通称「どすこい」。
・「どすこい」に収まったミナモは、アニメと違ってリボンはつけたままですが、脱いでるようです。
・遠い昔に波留も実験の一環として着用経験あり。でもそれは強度耐久実験でしたと。張り手でもやり合ったんかいお前ら。
・最後に天然久島とそれを崇拝するソウタと、それに呆れているオペ子で終了。
・あ、今回ミズシブキ居ねえ!

●第11回「コスプレ少女☆ミナモ」
・ミナモ達は実習の一環で幼稚園児の前で出し物をする事となった。それが「リコーダー戦隊3A」…えーと、この時点でまず誰か止めようとしなかったのかな?
・衣装製作はユキノ。シナリオ製作はサヤカ。体育担当雷音寺先生によるウォーウォーダンスあり。
・結局人工島中学校PTA幹部のソウタの激しい抗議…ておい。ソウタ、兄貴なのにPTA幹部て。まあともかく彼の抗議により、リコーダー戦隊3Aのステージ衣装は膝下5センチになりました。
・つかアニメで吹いてたアレって、アルトリコーダーだったんだ。ソプラノだと思ってた。…音からして、ソプラノだったよねえ…?
・さて、設定的に爆弾投下です。ミナモ報告。久島は「小さい頃お姉さんの影響で日本舞踊を習っていたそうです」「京都の玉三郎と呼ばれ、藤娘を踊る姿はニュースにもなったそうです」「衣装を着ていなくても普通に女の子に間違われていたそうです」…似合わねえええええええ!!
・つーかこんな情報、ミナモは何処から入手したんですか?カズネ経由?
・京都の玉三郎って事は、久島って京都出身なんですかね?小湊さんも京都だったけど。
・更に波留さんから追撃。「そう言えば昔やむにやまれず久島が白雪姫の仮装をした事がありましたが、あれも良く似合っていましたねえ」…お前らに一体何があったー!!
・初期電理研で男女逆転祭りでもあったんか!?筋肉な波留さんはすげー似合わねえチアリーダー姿で、小湊さんと洋子さんとで王子様な格好とか思い浮かぶんですが!
・そしてソウタは久島の藤娘と白雪姫が見たくて、データ検索に走りました。おいおい。
・波留さんは久島の奇行を普通に流して受け容れてる辺り、やっぱりこの人も何処か変だと思います。何故ヅラ。何事も形からって言っても、おい。
・「久島の科学者としての一歩は白衣を着る事から始まった」って、何故それを知っているんだ波留。お前ら何時からの付き合いだ。

●第12回「スイーツ少女隊☆」
・エイミ復学の日、浮き足立ってる3Aの皆さん。ミナモもサヤカに勧められて化粧をしてみるが………おい、どんな化粧道具使ったらこんな隈取り出来るんだよ!
・そしてミナモの化粧の基準は「かっこいい」なのかよ。「可愛い」じゃなくて。そこから変だろ。
・久島ヅラ疑惑勃発。突風の中でも微動だにしない。
・ホロンは「電理研技術部の粋を集めたアンドロイド」との事。ミズシブキ所属の部になるんでしょうか?ピンキリですね。
・何だか今回絵が雑だなあ。単行本化するに当たって修正したりすりゃ良かったのに。…単行本作業のために連載お休みする訳にはいかんから、仕方ないのか。

●第13回「電理研マル秘レポート」
・タイトル、本当は○に秘が入ってるんですが、文字化けしそうなのでこう言う表記にしました。
・久島が波留の実家に1回だけ来た事がある。それが60年前。…お前ら結構昔から知り合いなんですか?単純計算して久島22歳波留20歳の頃になりますが。学生時代からの知り合いになりかねないですよこれ。
・そしてこの時久島も唐津の海に潜った。まあ普通に。波留さんの友達のイルカも寄ってくる。
・久島は「不動の七三」との渾名持ち。まだ20代前半なのに…。
・でもまあ今の久島は全身義体なんだから、ヅラ呼ばわりでも間違いじゃないわな。人工物だから、すげー風の前でも髪が微動だにしなくてもおかしくないよ。
・唐津に里帰りしていた波留を船上で出迎える久島。「お前が来るのを待っていた…」と差し伸べる手に、波留はそっと干物を。
・「頼まれてたアジの天日干しセットBだ」「税込で3150円だったな」…ああそうだね唐津って言うか呼子では露店で色んな干物売ってるもんね。そこに里帰りしてた波留にそう言うお使い頼んでてもおかしくないよね………



・………って、ねーよ!



・唐津ロケハン時に呼子の露店見てきたけど、アジの干物の相場って1尾200円程度だったぞ。それが5尾入って1000円ってのをあちこちで見かけましたよ。久島…どんだけ高級品買わせてるんだ…。何処で売ってんだそんなもん。
・つーかやっぱり消費税5%なんだ。税込表示なんだ。


 いつもより多く回っております(かどうかは知らない

・久島にビール一杯奢ると言い出す波留に、ダイブチームの全員が乗っかる。「いつも主任ばかりずるいですよ」「僕らだって波留さんと一緒に飲みたいんですから!」…いつも波留と久島ばっかりで飲んでるらしいです。
・そしてこう言い出すって事は、このチームの部下3人って波留の幼馴染とかじゃないんですね。容貌似てるからそうなんじゃないかと言う気がしてたんですが。
・結局久島の方が波留より飲めるらしい。全員の飲み代35100円を普通に払おうとする久島。しかしカードを使えずに、皿洗いで返す事に。…いや、起こせよ皆を。
・イルカのマスコットがやたらたくさんある波留の事務所。それを送りつけられる久島のオフィス。そしてその整理に徹夜する久島。何だこいつら。

 1巻分は以上。あれ?終盤になるとミズシブキ出てこないじゃん。
| S.C. | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:05 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Web拍手

一言

お勧めエントリ

ゲームセンターCX 年越し生放送レポ+未放映分
ゲームセンターCX 24時間生放送SPレポ
ミスチルツアーセットリスト(09スパマケ+09終末+07HOME)
MELL「Red fraction」和訳
「RD 潜脳調査室」をこれから視聴する人のためのFAQ
「RD 潜脳調査室」擬似インタビューシリーズ(全6回)
「RD 潜脳調査室」フェイバリット5+全話感想アーカイブ
RD関連記事&関連商品アーカイブ
タクト様ゲームプレイログ2

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS)
直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
吉川 博尉
12/22発売。今回は既にAmazonしました。

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2]
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2] (JUGEMレビュー »)

11/21発売。勿論さくっとAmazonしましたよ?

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組)
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組) (JUGEMレビュー »)

8/28Amazonさんから届いたあああああ!!

Recommend

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,LAST ALLIANCE
8/28Amazonさんから届いてたあああああ!!2枚組だからもっとごっつい荷物かと思ってました。

Recommend

RD 潜脳調査室 Redeemable Dream
RD 潜脳調査室 Redeemable Dream (JUGEMレビュー »)
秋田 禎信,士郎 正宗 (原作)
8/9確保。流し読んだけどまともな感想は盆開けにでも。つーか久島は永一朗だきちんと校正してくれ。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links