スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
「ef - a tale of melodies.」第3話「union」 アニメイトTV無料配信
 AmazonはOP。11月5日発売。Amazonするか、アニメイト位行く暇作れるか…。
 「ebullient future」と言うと、直訳するなら「元気な未来」って事になるけど、どう言う事だろう。現在語られている物語は何処となく暗く、未来に希望が持てそうにないんだけど(何せ久瀬の死は約束されているようなもの)、それを乗り越えた末のそんな「未来」なんだろうか?まさか久瀬が死なずに済むって事はなさそうだしさあ。

 相変わらずOPをまともに見れてません。曲は聴けるんですが、動画としてきちんと見れてない。
 いっそつべにでも行けば画質悪くても動いてる奴が見られるんだろうか…本編はきちんとアニメイトTVと言う公式配信で見てますから!許して!とか言い出しそうな自分がちょっと厭(素材入手が困難な昔のアニメならともかく、今やってる奴はつべやにこで見たらあかんだろうし、見たとしてもあんまり大っぴらに言うべきじゃないと思うんですよ

 そして感想書くのが遅くて本当にすいません。忙しいし他にも溜まってるし。4話こそは木曜位には見たいけど、無理かな…。
 つーかこのblog来てる人で、このアニメ見てる人居ないんですかね。そんなにテンション高い感想書いてませんけど、凄く面白いと思っていますよ。軽くスイーツ(笑)入ってますけど。折角動画無料配信やってるんだから見て欲しいもんだよ多くの人に。

 以下、3話感想。







 3話「union」。

 そのOPに色がつき始めましたね。単色だけど。
 少しずついじっていくつもりなのかな。他のアニメなら「彩色が間に合ってなかったんだね…」と考える所ですが、このアニメですから演出なんだろうな、これ。

 優子&夕パートも久瀬&ミズキパートも、何処となく暗い流れで進んでいくこの3話。
 違うのは、死に往く久瀬に対してミズキは懸命に働き掛けて縋ってそれは駄目だと言って抵抗しているのに較べ、虐めを受ける優子に対する夕は結局何も出来ていないと言う点か。
 それでも久瀬の死は避けられないだろうから、ミズキがどう足掻こうがそれには抵抗出来ない訳で。ならば高校卒業すれば終わりが来るであろう優子への虐めの方が、まだマシなのかもしれない。

 10年前の日本。優子と夕パート。

 屋上から紙飛行機を飛ばす優子。それを受け止めて屋上に向かう夕。
 …紙飛行機を飛ばすという行為は、前回過去回想で夕が優子のデッサンでやった事だが、優子はそれを見ていないから知らないはず。単なる偶然か?

 その道すがら、夕は雨宮先生に会う。先生にはまた美術部に勧誘されるが、夕は「絵には興味がない」と突っぱねる。
 でも過去ではあんなに描いてたのにね。どうしたんだろう。あの紙飛行機以来、絵自体を描く気がなくなったんだろうか。
 そこに降りてくる優子。「兄さん」と彼女はまた呼ぶが、今回そう呼んだのは雨宮先生に対してだった。

 つまり、本当に優子は雨宮先生の家に引き取られていたらしい。義理の兄妹か。「遠い親戚に引き取られた」って事なので、血縁関係ではあるんだな事実。
 俺はEDキャスト表示で1話段階で既にこれを把握してた訳ですけど、これまでに優子は姓を名乗ってなかったっけ。夕は今まで本当に知らなかったんだな。この関係を。

 予鈴が鳴り、先生は立ち去る。そこで夕は優子が上履きを履いていない事に気付く。やんわりとした口調だが、どうやら隠されたらしい。
 「職員室に行け、スリッパがある」と言う夕だが、結局自分で取りに行ってやる。裸足で歩いて怪我されると厭だから。お節介な奴だ何だかんだで。
 「頑張って下さい、特待性さん」の時に優子の口許がアップになったのは、何の演出なんだろうか。皮肉?でも今回はやたらそう言う演出が多かったので、これのみを特筆すべきではないのかも。
 「特待性だからあまり面倒事は起こしたくない」と前回言っていたから、結局自分には何もしてくれないんだろう…と言う示唆でもあるのだろうかと勘繰ってしまいますがね。

 後に雨宮先生に呼び出される夕。
 先生は先生で、優子と夕が教会で知り合った幼馴染だとは知らなかったらしい。過去の事はあまり話してないんだろうか優子。
 まあ孤児であった頃の話は、あまりいい思い出ではないのかもしれないけれど。でも、現在の彼女は夕にちょっかい出しまくってるから、それ程悪い思い出でもなさそうなんだけど。

 結局「広野君に美術室で裸にならないように言っておいてくれ」と、先生の用件はそう言う事だった。苦情は俺の所に来るんだよ全くと苦笑い。
 それに対して夕は慇懃無礼に失礼しますと出て行く。おい、何かむかつくやり取りでもあったのかここに。凪の管理は俺任せかよって扱いが厭なんだろうか。

 校舎裏で久瀬を呼び出して「1年に口の硬い知り合いは居ないか?」と話を持ちかける夕。学内外にたくさん女友達が居るらしいよ久瀬。
 そこに凪も合流。結局優子の話をふたりにしたらしい夕。久瀬はこっそり優子の周りを探ってみる事を了承。

 凪が上履きの存在に気付く。それは下駄箱の上に置いてあった。
 どうやら凪もそう言う事をされた経験があるらしい。そら、僕っ子じゃなあ。自業自得って気もするんだが…でもそれでも、虐め駄目絶対!だよな。浮いてる子を虐めるもんだ、この年代の子は。
 ところで凪の格好がぁゃιぃと思っていたら、やっぱり白衣一枚でしたか。ヌードデッサン中だったかー!白衣一枚で肩車と言う状況に気付き、思わず彼女を落とす夕。つまり、そう言う事なんだな!後頭部に(もうそれ位にしておけ
 「悪意もなくそんな事は出来ない」と言う凪。そして「俺が今言えるのは、お前はそれを早く優子さんに返してやるべきだって事だ」と久瀬。

 久瀬の勧めに従ったか、教室に向かい優子に上履きを返してやる夕。優子は相変わらずのペースだった。
 何故教室に独りで残ってるんだとそこにある教科書を捲ると、死ねだの落書きされていた。それに絶句する夕。しかし優子は笑う。
 「いつもの事ですから。彼女達も悩み多き少女なんです」

 そして夕は優子と共に帰ろうとする。優子はそんな彼に「悪くはありません。夕君が一緒に帰ってくれるんですから」と笑う。
 それに、今までのツン期を思い出した夕は「思い出した、やっぱり近付くな」と言い出す。しかし、そこにあった優子の靴は、切り刻まれていた?とにかく履けない状態にされていたっぽい。

 そろそろ頭に来たらしい夕は、優子にその「少女達」の事を教えろと言う。捻じ込みに行くつもりらしい。「薄汚いからだ!」

 「だって、人間って、そういうものでしょう?」
 優子は相変わらず穏やかに笑っていた。

 一方、現在のオーストラリア。久瀬とミズキパート。

 前夜告ったミズキでしたが、今日遊びに行っても久瀬が出てきてくれません。すみれさんの真似をしても(似てませんが)出てこないんだから、本気で居留守モードです久瀬。

 教会に行くミズキ。「ここも日本とそっくりなんだ」との感想。
 どう言う事なんでしょう。まさか音羽の街を真似てるのか?このオーストラリアの街は。だから「ふたつの街」って1話冒頭ナレーションだったのだろうか?

 ともかく彼女はそこで夕と遭遇する。格好つけた所に座っていました。「神様に怒られますよ」「神なんか居ない」…はいはいオサレオサレ。

 「大人の世界は色々あるんだよ」
 「子供の世界は何もないみたいな言い方ですね」
 「…そうだな、子供の頃の方が色々あったかな」
 「覚えていないんですか?」
 「大人なんて、子供が大きくなっただけか」

 つまり夕にとっては、あの10年前の「子供の頃」は「色々あった」らしいね。そして今があると。
 
 ミズキは優に久瀬の事を訊くが、彼は「あいつに関わるな。深入りするなら覚悟しろよ」と告げる。

 そしてどこぞの駅。廃線になってるらしく、もう電車は来ないらしい。
 そこでミズキは千尋と会う。右眼眼帯少女。どうやら知り合いらしい。小さい頃に「景先輩」と一緒に遊んだ関係。
 色々会話していくうちに、千尋は蓮治と付き合ってるらしい事が発覚。景も既に誰かのものに。それを知ったミズキは苦笑する。
 「失恋した気分が2倍3倍になったみたい」会いたい人に会えなかった訳だから。

 久瀬の名前を出したら、千尋は日記を取り出す。大切な事は必ず日記に書いてるらしい。まめな人だ。

 「ミズキちゃんは、久瀬さんの事は好きですか?人を好きになると言う事は、どうしようもなくなる事なんです」

 ミズキはどうしようもなくなっては居ないが、そうなりそうだと自覚はしている。それを告げると、千尋はその日記を渡してくれる。そこに書いてあったのは、久瀬の心筋の病気の事だった。

 「半年前にコンサート中に倒れて、もうどうしようもないんだって」
 そこに来た蓮治が言う。だから、今までも普通に付き合ってくれと言われて、普通にしてきたと。
 
 教会では夕の元に久瀬が来ていた。
 「酷い顔だな」
 「俺は冗談でも、誰かに好きだなんて言われちゃいけないんだよ。夢が怖くなる」
 そして、今夜全てを清算する。

 夜、テラスに居たミズキの元に、千尋が訪問。夕からの伝言として「久瀬のバイオリンが聞きたいなら、今夜海に行け」――夕は基本的に誰にも干渉しない人間だが、今回は別だった。
 と言う事は、夕のスタンスは「子供の頃に色々あった」としても、あの教会の頃から変わっていないと言う事か。誰にも期待しない、独りで生きてゆく。

 夜の海辺。久瀬はバイオリンを弾いている。「壊れていた」はずのあのバイオリンで。
 ミズキはそこに辿り着き、バイオリンを弾いている久瀬に光を見る。

 そして彼は弾き終わり、ケースにしまう。煙草に火をつけ、瓶を投げ――バイオリンケースに煙草を落とした。

 着火する。燃え上がるケース。
 「無様だな」と言い捨てる久瀬。

 そこに走ってくるミズキ。手で炎を払いのけようとするがそれは叶わず。結局気合を込めてバイオリンケースを蹴り飛ばす。海の中に叩き込んで、消火した。
 それを拾い上げるミズキ。「手を出すんだ――手を出せ!」久瀬の指示には従わず、バイオリンを抱き締めている。その手を強引に取る久瀬。ミズキの手は火傷を負っていた。

 「この馬鹿」
 「まだ、駄目ですよ。生きてるんですから」
 お願いですと涙目のミズキ。そんな彼女を、久瀬は抱き締める。

 「大丈夫だから」

 以上。
 ミズキがケース蹴り飛ばした時に目が潤んでしまったよ。いやベタなんだけどさ。それにあんな事したら、たとえ燃えなかったとしても中身のバイオリンが壊れそうなもんだが…これで次回無事だったらちょっと笑うよ。

 久瀬とミズキに萌えて来たのですが、冬に新刊は出ますか。どっちかと言うと3日目モードじゃなくてほのぼのが欲しいんですけど。「15歳に手を出す気か貴様」(久瀬っていくつなんでしょう?「10年前」パートが何年なのか判らないんだよな…優子が1年だから久瀬と夕は2年か3年って事になると思うけど)と言う意見もあるでしょうが、何せ俺は前期アニメにて「32歳×15歳」が公式としてぶち上げられたものを目の当たりにしているので、最高28歳だとしても鼻で笑ってしまいます。

 4話「turn」。
 えーと、ここまでの各話の頭文字を並べてみると「erut...」…今回はOPテーマ曲名じゃないんですね。一体何が来るのだろう。それとも今回は別の法則なのだろうか?
| S.C. | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:37 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Web拍手

一言

お勧めエントリ

ゲームセンターCX 年越し生放送レポ+未放映分
ゲームセンターCX 24時間生放送SPレポ
ミスチルツアーセットリスト(09スパマケ+09終末+07HOME)
MELL「Red fraction」和訳
「RD 潜脳調査室」をこれから視聴する人のためのFAQ
「RD 潜脳調査室」擬似インタビューシリーズ(全6回)
「RD 潜脳調査室」フェイバリット5+全話感想アーカイブ
RD関連記事&関連商品アーカイブ
タクト様ゲームプレイログ2

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS)
直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
吉川 博尉
12/22発売。今回は既にAmazonしました。

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2]
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2] (JUGEMレビュー »)

11/21発売。勿論さくっとAmazonしましたよ?

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組)
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組) (JUGEMレビュー »)

8/28Amazonさんから届いたあああああ!!

Recommend

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,LAST ALLIANCE
8/28Amazonさんから届いてたあああああ!!2枚組だからもっとごっつい荷物かと思ってました。

Recommend

RD 潜脳調査室 Redeemable Dream
RD 潜脳調査室 Redeemable Dream (JUGEMレビュー »)
秋田 禎信,士郎 正宗 (原作)
8/9確保。流し読んだけどまともな感想は盆開けにでも。つーか久島は永一朗だきちんと校正してくれ。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links