スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
「ef - a tale of melodies.」第6話「flection」 アニメイトTV無料配信
 例によってぎりぎり更新です。
 いや、実は真面目に火曜深夜に公式見に行ってるから、そこでも1日限りの配信やってるって知ってるんですが。RD以上に、地上波組から殆どタイムラグ無しで視聴が出来るって判ってるんですが。
 どうしてもキッズで水曜深夜にやってる1期と合わせて感想書こうと思ってると、公式配信を見逃してしまう。

 AT-Xで2期1話も録画しました。でも忙しくてまだ見れてません。次回感想でOP映像について書こうと思います。
 OPは本やタウンで注文しているのですが、未だに発送されてません。本やタウンってろくに使えないんですが(時間は掛かるしe-honと違って梱包なしで発送されるからやばい本が注文出来ない)、書店購入出来るんでそこでのポイント目当てでたまに利用してます。

 以下、6話感想。巻末にてキッズ視聴の1期3話感想も。











 ――…痛くて熱くて苦しくて悲しくて辛くて泣きたくて耐えられなくて逃げられなくて逆らえなくて終わらなくて背けたくて叫びたくてもがきたくて吐きたくて止めたくて抵抗したくて刃向かいたくて抗いたくて逃げ出したくて隠れたくて避けたくて篭りたくて拒絶したくて噛み付きたくて跳ね除けたくて振り払いたくて追い詰められて捕らえられて引きずり出されて攻め立てられて強制されて赦されなくて束縛されて締め付けられて押し付けられて引き千切られて投げつけられて虐げられて呻きたくて喚きたくて狂いたくて堪えられなくて掴まれて殴られて裂かれて砕かれて蹴られて焼かれて刻まれて焦がされて穢されて破られて荒らされて壊されて嬲られて弄ばれて潰されて踏みにじられて飽きられて放り出されて打ち捨てられて気を失って痛みも麻痺して心が壊れて涙も出なくてでもまた拾われてまた掴まれてまた殴られてまた穢されてまた破られてまた砕かれてまた切られてまた刻まれてまた焼き焦がされて
 嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに……――


 ………実は、木曜には見てました。
 それから連日何度も見て、色々と文字起こしするのに時間掛かってました。精神的にやられる回だったってのも大きい。

 いや、前述したように、火曜深夜には公式詣でしてるんで、今回はヤバイって判ってたんですけどね。何せ公式から色消えてるわ、キャラ紹介からキャライラスト消えてるわでしたから。
 そしたら動画配信のOPも、色なしキャラなしついでにボーカルなしのカラオケVerで、こりゃ何かやる気満々だなと思ってたら、これだよ。
 このアニメって、てっきりスイーツ(笑)だと思ってたんですが、どうやらホラーアニメだったようです。後半の演出が怖いんだよ綺麗なバイオリン曲をぶった切ってタイミング良く入る「イッペン、シンデミル?」レベルの優子の顔とかオヤシロ様的両目とかがもう。

 優子が義理の兄となった雨宮先生から性的虐待を受けている事は、もう前話までの時点で示唆されていました。でもここまでとは…。
 大体、前話ラストのバイブ(多分)を優子の手で顔に押し当てさせてはあはあしてるカットで、すっかりドM男だと思ってたんですよ。逆かよ!ドSかよ!
 そのドS虐待は、エロゲ絵で露骨に表現している訳じゃなく、優子の長回し台詞とタロットカードやステンドグラスモチーフの「※イメージ映像です」で流した訳ですが、余程辛い。

 今回は現在の久瀬ミズキパートはお休み。全編優子と夕の過去パートでお送りします。

 優子は相変わらず例の包みを鞄に入れて登校。
 何だかんだで再び絵を描くようになった夕。屋上から音羽の街並みをスケッチする。その隣に居るのは優子。

 「また絵を描くようになったんですね」
 「勉強の息抜きだよ」
 「優等生はアドリブも上手なんですね」
 そんな感じの穏やかな会話。全てを見透かしている優子の言葉。寝不足の彼女は、夕に寄りかかる。あんまり夜更かしするんじゃないぞと夕。

 一方、入れ替わるように、絵が描けなくなった凪。
 描いても絵が歪む。歪んでいるのは絵なのか、僕なのか。それが彼女には判らないと、夕に吐露する。このままでは僕は一生絵を描けなくなる。
 自分で美術室に呼び出しておいて、夕を追い返した後に、凪は呟く。
 「それを訊いているのは、女としての僕だ」

 追い出された夕は久瀬と会う。
 久瀬は夕に頼まれて優子とそのクラスの女子を調べていたが、女子達曰く「優子の瞳を見ていると時々ぞっとする事がある」との事だった。「だから、怯えているのはむしろ、女子の方だ」と久瀬は言う。
 お前も気付いていただろうが、あの子は何かを隠している。訊いてあげられるのは、多分お前だけだ。

 優子と夕。
 「先輩は神様が本当に居るって信じてますか?」
 唐突な質問。夕は「仮に存在していたとしても運命を憎む人に既に殺されている」と答える。
 優子も仮に神様が存在するならば、文句のひとつでも言ってやりたいと。軽い怒りを覚えているかのような言葉に、夕は少し驚く。

 誰しも仮面を持っている。その仮面の下には隠し物があると。
 まるで現在の久瀬パートみたいだ。これも伏線なのか。

 「女の子は秘密で一杯なんですよ。私の秘密、知りたいですか?」

 私、火村先輩になら見せられる。いいえ、あなたに見て貰いたいんです。
 本当の私を。

 そう言って、優子は夕にキスをする。

 「神様なんて何処にも居ない。神様が居ないから、哀しいことや辛いことがたくさんある。もしも神様が居るのなら、この世界をもっと綺麗にしてほしい。辛いことなんて何もなくて、皆が優しくて、誰も独りぼっちにならなくて…」

 でも、そんな都合のいい世界は、何処にもない。
 「だから、そう言う世界が欲しいんです」
 過去の回想と被る。優しく手を差し伸べてくれた、雨宮先生。義理の兄。

 久瀬のお別れ会なので、夕は凪を迎えに行く。
 そこで凪は、ふたりの名前を合わせると「夕凪」になると語る。夕凪は一瞬止まった時間。でもすぐに動き出す時間。
 「僕はずっと今が続くと思ってたんだ」自分の傍に夕が居て、久瀬が居て…。しかし久瀬は留学を決め、夕は――。

 「すまない、凪」
 「謝らないでよ!」
 
 お別れ会と称した久瀬の演奏会。今まで夕にすら聴かせた事がなかったらしい演奏。
 その音色を聴く優子は、夕の手を握る。その手を握り返す夕。

 欠席したもののその曲をBGMに、凪は再び絵を描き始める。涙を流しつつも。
 自分の気持ちを把握し、それが終わった以上、次へ進めたのか。凪の過去パートもこれで終わりかな。

 演奏が終わった時、優子もまた涙を流した。そして突然その場を走り出す。一瞬躊躇うも、久瀬に促されて後を追う夕。

 優子にとって久瀬の音楽は歪みがなくて綺麗な音だった。
 久瀬は本当に皆に愛されて育ったのだろうと推測する。だからあんなに綺麗な音色を奏でる事が出来るのだろうと。
 こんなにもどうしようもない世界なのに、もしかしたらこの世界にも価値があるのかもしれない。そんな事を考えてしまった自分が信じられない。

 「自分が感じた事をそのまま信じればいいじゃないか」
 夕はしっかりと優子を見据えて問いかける。
 「俺を好きと言ったのは、本当なのか」

 糸を掴むイメージ。夕が優子にキスをする。
 糸を振りほどくイメージ。優子は夕を突き飛ばす。

 「本当に私の事が好きですか?本当に私の事を知りたいですか?本当に、本当に、私の全てを訊いてくれますか?」
 「ああ」
 夕は真っ直ぐに優子を見ている。優子は涙を流す。

 「やっと言ってくれた。あなたに私を求めて欲しかった」

 そして教会のシーン。優子は服を脱ぎ、全てを曝け出す。

 どうしてあなたは私のお兄ちゃんになってくれなかったの?
 あなたがお兄ちゃんになってくれていたら、私は綺麗なままで居られたのに。

 遠い親戚である雨宮に引き取られた優子。
 最初は優しかった雨宮先生。しかしそのうちに、彼は優子が「妹」ではない事に気付いた。彼が求めていたのは「震災で亡くした妹」だった。しかし優子は全く別の人間。成長してゆくに従い、その違和感は徐々に大きくなっていった事だろう。
 最初は、暴力だった。殴った後も優しく手当してくれた。謝ってもくれた。

 そして2年前のクリスマス。
 優子は初体験をする事になった。クリスマスだから夢を見ていて着飾っていた。しかしそんな彼女を雨宮先生は蹂躙した。

 「初めては、本当に好きな人にあげたかったのに。抱かれる時は、優しくお姫様のように扱って欲しかったのに」
 そんな夢、粉々に砕かれました。

 タロットカードと鎖で示されるイメージ映像。

 「私、たった一晩でお嫁に行けない身体になっちゃいました」

 ずっと好きだった夕が初めての人だったら良かったのにと優子は言う。さっきのキスのように優しくしてくれただろうから。でも、そうはならなかった。
 だから彼女は世界に絶望した。何時か消え去る日を待ち望むようになった。でもそれは結構辛い日々だった。

 夕は顔を歪め、瞬きしながら、未来はあるから、希望を持って生きろと説得する。
 
 「本当におめでたい人」
 その台詞を、優子は切り捨てた。いや、優子は、夕が信じてもいない事を並べている事を判っていたから、そう切り捨てるのだろう。

 夕と出会ってから暴力が酷くなった。ここは昨日、ここは治り掛けた上からの傷。
 あなたと屋上で出会った時の傷がこれ、葉書を見つけてもらった時、靴を買いにデートした時、あなたが勉強している時だって私は殴られていた。

 これがあなたが知らなかった本当の私です。

 「コレが アナタが見捨テタ オンナノコです」

 EDも優子仕様。イラストも曲も。このイラストは、まだ優しかった雨宮兄との日々なのだろうか。

 Cパート。更に叩き落とす。

 「先輩、私訊きましたよね。妹は欲しくないかと」
 あの施設の時の話。
 「あの頃、心を開けるのは先輩しか居ませんでした」

 もし先輩が妹が欲しいって言ってくれたら。
 雨宮の家は引き取ってくれると言ったけど、最終的には私の判断に委ねるという事になっていた。

 でも、あなたは私の手を振り解いた。
 どうして妹が欲しいって言ってくれなかったの?
 どうして行くなって言ってくれなかったの?
 どうしてここに居ろって言ってくれなかったの?

 どうして私の事守ってくれなかったの?
 ――どうして!?

 白い画面、雨が降るような音で掻き消される中、夕は死んだ妹の代わりにしたくなかったと答える。
 
 「うそつき」

 先輩は嘘つくとき瞬く癖があるんですよ。さっきは瞬きせず、私の事を好きと言ってくれました。

 「…10年遅いですよ」

 以上。
 いやもう重いし暗いし辛い。
 そして伏線の張り方が凄い。これ、録画見直したら、本当にあちこちで夕が瞬きしてるんだろうな。
 実際にこの話だけでも、冒頭の屋上会話とかで夕が瞬きしてて、でもそれを「アドリブ上手いんですね」と優子が看破してます。あの感動的な音楽が流れる中での希望を持て的台詞も、がんがん瞬きしてる様子をしつこいまでに描写している訳で。

 夕があの時手を差し伸べなかったのは、子供で自分の事しか余裕がなかったのもあるだろう。そこを責めるのは酷な話だ。でも優子はそれどころじゃない。
 「死んだ妹の代わり」に優子を求めた、求めようとしたのは、雨宮先生も夕も同じ事。震災後、雨宮先生は絵を描けなくなり、夕は絵を捨てた。
 しかし夕は今、優子と共に絵を取り戻し…た?しかしこの告白が来た以上、これからどうなるのだろう。白バックに溶けるように絶叫した夕は、一体正気で居られるのだろうか。

 そんな重い話の中、エンドカードは空気読まずに久瀬とミズキなのですが。いや背中合わせでこれはこれで深刻そうな雰囲気漂わせてます。
 …空気読んで追い討ち掛けるようなイラスト持ってこられても、非常に困ったでしょうか。

 未来なんかないと否定する話。そして今までの各話タイトルの頭文字を並べて、引っくり返すと、futureになる。
 「未来」の逆位置。つまり、未来の否定。本当に作り込まれている構成だ。

 次回、「07. reflection」




●「ef - a tale of memories.」第3話「paradox」@キッズステーション
 蓮治と千尋のパートは和んだ気持ちで見る事が出来ます。境遇はとんでもなく暗いのですが、これ以上落ちる要素がないからだろうか。
 千尋の事故は「4年前」。2期5話では「5年前」と言っていたので、2期って1期の1年後なんですね。
 「物語を書いてみたい」。記憶障害を持つ千尋の願いを蓮治は叶えてやるのだろうか。

 紘とみやこのパートは、正直しんどいです。景のみやこを評する口調が、漫画版より3倍増しで厭味たらしく感じられます。凄いなあ演技って。
 そして紘には二股掛けてるとか、そんな意識はさらさらない。みやこはまだ彼女じゃねえよって以前に、彼にとって景は「妹」だから。女の子として見てないから。
 そこら辺から齟齬が出てきて、遂にクリスマスの話に至ってしまう。うわー修羅場になりそうだ。
| S.C. | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:17 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Web拍手

一言

お勧めエントリ

ゲームセンターCX 年越し生放送レポ+未放映分
ゲームセンターCX 24時間生放送SPレポ
ミスチルツアーセットリスト(09スパマケ+09終末+07HOME)
MELL「Red fraction」和訳
「RD 潜脳調査室」をこれから視聴する人のためのFAQ
「RD 潜脳調査室」擬似インタビューシリーズ(全6回)
「RD 潜脳調査室」フェイバリット5+全話感想アーカイブ
RD関連記事&関連商品アーカイブ
タクト様ゲームプレイログ2

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS)
直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
吉川 博尉
12/22発売。今回は既にAmazonしました。

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2]
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2] (JUGEMレビュー »)

11/21発売。勿論さくっとAmazonしましたよ?

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組)
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組) (JUGEMレビュー »)

8/28Amazonさんから届いたあああああ!!

Recommend

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,LAST ALLIANCE
8/28Amazonさんから届いてたあああああ!!2枚組だからもっとごっつい荷物かと思ってました。

Recommend

RD 潜脳調査室 Redeemable Dream
RD 潜脳調査室 Redeemable Dream (JUGEMレビュー »)
秋田 禎信,士郎 正宗 (原作)
8/9確保。流し読んだけどまともな感想は盆開けにでも。つーか久島は永一朗だきちんと校正してくれ。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links