スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
「ef - a tale of melodies.」第7話「reflection」 アニメイトTV無料配信
 うわあぎりぎりもぎりぎりな更新です。
 公式サイトでのアニメイトTVでの更新時間帯が「afternoon」表記なので、これが本当のぎりぎりの時間帯。まあ例によって文字起こしのために以前から何度か見てた訳ですけど。

 ところでOPは未だに入手してません。「取り寄せ中」から進行してないステータス。俺、このCDを今月中に手に入れる事が出来るんだろうか?本やタウンはこれだからなあ。
 AT-X録画の1話をようやく見ました。OPの動画ってこんな風になってたのか。サビからのミズキや優子が羽になって消えて行って行って紙飛行機が飛んで行って、その先に磔になる夕…って流れがすげーツボです。途中の1枚絵の羅列も印象的ですね。

 以下、7話感想。巻末にてキッズ放映の1期4話感想も。







 …ミズキちゃん、俺の事好き?本当に好き?なぜ?
 なぜ?君はそこにいるんだ
 なぜ?図々しくそこに立っているんだ
 なぜ?俺の目を見るんだ
 なぜ?俺の声を聴いているんだ
 なぜ?俺の前に居るんだ
 なぜ?俺に話しかけるんだ
 なぜ?俺につきまとうんだ
 なぜ?俺に構おうとするんだ
 なぜ?独りにしてくれないんだ
 なぜ?俺と会ったんだ
 なぜ?俺と知り合ったんだ
 なぜ?俺の前に現れたんだ
 なぜ?懐くんだ
 なぜ?笑ってるんだ
 なぜ?お節介なんだ
 なぜ?機嫌がいいんだ
 なぜ?陽気なんだ
 なぜ?泣かないんだ
 なぜ?明るいんだ
 なぜ?楽しそうなんだ
 なぜ?何でも見てるんだ
 なぜ?何でも知ってるんだ
 なぜ?何でも許すんだ
 なぜ?何でも喜ぶんだ
 なぜ?俺を悩ませるんだ
 なぜ?俺を揺さぶるんだ
 なぜ?俺を迷わせるんだ
 なぜ?俺を傷つけるんだ
 なぜ?俺を苦しめるんだ
 なぜ?俺を責めるんだ
 なぜ?俺を虐めるんだ
 なぜ?俺を踏みつけるんだ
 なぜ?俺を痛めつけるんだ
 なぜ?俺を砕くんだ
 なぜ?俺を引き裂くんだ
 なぜ?俺を叩きのめすんだ
 なぜ?許してくれないんだ
 なぜ?理解してくれないんだ
 なぜ?泣かせるんだ
 なぜ?希望をもたせるんだ
 なぜ?絶望させるんだ
 なぜ?押し付けるんだ
 なぜ?締め付けるんだ
 なぜ?心乱すんだ
 なぜ?なぜ?なぜ?なぜ!?

 なぜ?答えようとする
 なぜ?馴れ馴れしくする
 なぜ?まだ帰らない
 なぜ?まだそこに居る

 なぜ?お前が存在する?

 …何でだよ?何でこんな事を?
 何で無駄な事を?何で馬鹿な事を?
 何で…――


 と言う訳で、前回に引き続きの長台詞回しは、久瀬担当でした。文字起こししてこう整理してみると、変な気分に。羅列するとブラクラみたいだ。
 実際にアニメとして見ても、結構なブラクラっぽい演出でした。Warumが画面一杯に並んで、問い詰める文章もインサートしてきて…。前回程じゃないが、夢に見そうだ。

 OPにはキャラは戻ってきたものの、白黒状態でしかも色調反転モードでした。タイトルからしてここから逆再生なので、引っくり返してみたんでしょうか?
 後、夕の目がでかく映るシーンも、今までになかったよね?

 過去パートの優子と夕。前回の衝撃の後始末と、更なる衝撃。

 真実を聞かされて、雨が降りしきる通りでその辺のものに当たり散らす夕。
 「俺があの手を離したから!見捨てたのか、また」
 「…そう。あなたのせいなんですよ。夕君」

 夕は帰宅しようとする優子を止め、手を掴む。しかし彼女は「あそこが私の唯一の帰る所なんです」と静かにすれ違い、掴まれた手を振り解く。
 「何を今更」

 どうして今まで話してくれなかったのか。
 「話せば何かしてくれましたか?こんな私を好きになってくれましたか?」
 問われ、逡巡する夕。そして瞬き。それに優子は笑う。
 「あなたへのささやかな復讐ですよ」

 施設に居た時からあなたはたった独りで生きていこうとしていた。最初から最後まで、独りで完結していた。そんなあなたに、私の痛みを分けてやりたかった。
 靴も自分で切りました。虐めは実際に会ったけど、利用させて貰いました。

 靴を切ったのは、雨宮先生からあのクリスマスの日に貰ったナイフ。あの包みを開くと、そこには妙な装飾があるナイフが出てきた。
 …バイブじゃなかったのかよー!俺汚れ過ぎですかー!?

 「俺が憎ければ殺してもいい」
 そう言って雨宮はこのナイフを手渡した。これを使えば何時でも開放される。だから「お守り」として、鞄の中に携えていた。
 それを夕は受け取り、何処かへと歩いてゆく。奪い取った訳でもなく、優子が渡したと言う訳でもなく…自然な物の流れみたいな感じで。

 その頃、雨宮先生は自宅にて、キャンバスの前に居た。描こうとしているのは、本当の妹?しかしそれはデッサン線のみであり、それ以上を描く事は出来ない。煙草の火をつけて燃やすようなイメージ。

 彼がキャンバスを切り裂いた頃、夕が訪問してきた。煙草を吸い顎を引いて出迎える雨宮先生は、どう見てもラスボスの風格です本当にありがとうございました。

 雨宮は殺される覚悟は出来ている。
 或いは、殺されるはずがないと思っている。殺すための権利は与えているが、それを行使する事は出来ないと、優子や夕に対しても思っている。

 君に拒絶されて以来、優子は独りになるのが怖いんだ。そんな彼女の居場所を奪うつもりかい?
 それに、何故警察や学校や、他の誰にも相談しなかったと思う?優子はアレでも女の子なんだよ。
 私が死ねば、全てが明るみに出る。君は自己満足の果てに彼女に恥辱を与えると言う訳だ。

 「君に色は見えているか?」

 キレてナイフを振りかざしたその後の事を全く考えていなかった夕。雨宮先生の言葉にたじろぎ、後ずさる。
 そこをフルボッコにする雨宮先生。流石恒常的にDVやってるだけあって、暴力行為には慣れているようです。

 「殺す度胸もないのに来たのか。本気ならやれるだろう。怒れ、憎め!忠告したろう。優子を自分のものにしたければ、覚悟しろと」

 今度来る時は本気で来い!そして今度来たら、君を殺す。

 倒れた夕の上から、雨は降り続けている。

 現在の久瀬ミズキパート。前回お休みだったために、ちょっと思い出すのに手間がかかった。

 ミズキに対して凪は「僕が久瀬と付き合っているからだ」と言い放ちましたが、それは嘘でした。
 でも、過去に久瀬は凪の事が隙だったようです。凪は夕の事が好きだったから、告白はしなかった。勝てない勝負はやらない。手に入らないものには最初から手を出さない。それが久瀬の信条。

 「別れるために出会うのは不毛だ。…なら、死ぬために生きるのも、不毛なのかな?」
 凪がやってきた自宅で、久瀬はそんな事を言う。
 「ともかくこれでまた余生を静かに過ごせるよ」

 凪は夕と海辺で語らう。
 その背景に木に絡まった布のようなものがはためいているのが、意味深ですね。以前の日本パートで景の前に優子が現れ、消えた後のようで。
 ミズキに嘘をついてまで遠ざけようとする態度に意味はあるのかと夕は言うが、「ミキちゃんに遠ざけようとする意思が伝わればいいんだ」と凪は答える。嘘だろうが何だろうが、そんなものをついてまで久瀬はミズキにはもう会いたくないと。

 久瀬が凪を好きだった件について、凪は「あの頃の僕と同じだな」と言う。すっかりあの頃の気持ちを過去に出来ているこの3人。
 では、夕は?優子への気持ちはどうなっている?
 「俺の試合はまだ終わった訳じゃない」

 教会にて、夕はミズキの相談を受ける。久瀬の事を教えて欲しいと。

 「ふたりとも前向きだと大変だな」
 「今の久瀬さんは後ろ向きっぽいです」
 「あいつには後ろにも目がついているんだよ」

 「あいつは信頼してもいいが、信用するな。あいつは嘘つきだからな!」
 「…あのひとは正直すぎるから、嘘に聴こえるんですよ」

 次は景に相談するミズキ。
 久瀬のバイオリンは、紘もファンで原稿中に良く聴いている。そういや漫画版でちょろっとそんなシーンがあったな。
 でも病気の事は知らなかったらしく(倒れた事程度しか報道に載ってなかったようだ)、景からのメールにびっくりしている様子。

 「久瀬さんのバイオリンの音には、全ての色が詰まっている気がするって。私には良く判らないけど」
 紘からのメールについて、景はそう告げた。ミズキもその「色」は理解出来る気がしている。

 でもこないだ聴いた音には、色が何か欠けていた。「こないだ」ってのは、あの海岸での「ラストコンサート」でしょうね。バイオリンを捨てるつもりだった、あの時。
 過去の「お別れ会」の際に、久瀬のバイオリンを聴いた優子は涙した。あまりに純粋で世の中を信じてもいいのではないかと思いたくなるような、色彩豊かな音を感じたから。

 そこでこんどはみやこにメール。
 「迷いがあるんじゃないのかな?迷っている部分には色を塗る事が出来ないんじゃないのかな?」

 「欠けた色」を探していた紘とみやこ。そして今はきちんと塗れている。

 「自分が死ぬと判っていて、迷いがない人なんていないと思うよ。むしろ迷っているから、捨てちゃおうとしてるんじゃない?」と景からのアドバイス。
 あのラストコンサートで、音楽も迷いも全て捨てようとしていたから、その部分に色をつけることは出来なかった。それをミズキは聞き取っていた。
 「大事に抱えていると、辛い事もあるじゃない」

 決意したミズキは久瀬のお宅訪問。しかし例の長台詞で拒絶されてしまう。
 あっさり帰ってしまったミズキはドン引きしたって事だろうか。まあ確かにあれだけの長台詞を結構淡々と、終盤はある程度感情込めて並べられた日には、普通の人は耐え切れないだろう。

 ミズキが去った後、自問する久瀬。どうしてここまでしてしまうのか、或いは彼女はどうしてここまでしてくれるのか。どうしてお互いに引き下がらないのか。

 そこで、彼を発作が襲う。

 薬の瓶を取り落とす久瀬。彼はその瓶を握り、叩き割る。床に散らばったカプセルを舌で掬い取り、確かめるように口にしてゆく。

 まだ死ねない。死んでたまるかよ!
 まだやりたい事が…見たい事が、聴きたい事が山程…音楽だって…――。

 死んでも生きてやる。生きて――。
 彼の脳裏にミズキとの日々が去来する。
 仰向けになり、苦笑いのような紅潮した表情を浮かべる久瀬。

 「死にたかねえよ…」

 これで久瀬は仮面を捨て、生への執着を見せるようになるんでしょうか。「静かな余生を過ごせる」とはあくまでも仮面に過ぎなかったと。

 EDはミズキモードに戻りましたが、例の白バックシーンに誰も居なくなりました。最初は久瀬とミズキが手を繋いでいて、暫くミズキだけになってた、あのパートが。
 今回あっさり久瀬の前から引き下がってしまった心境を表しているのでしょうか?

 Cパートは、帰宅した優子。
 出迎える雨宮先生は、普通の兄。風邪引くから早く着替えなさいと気遣うような言葉。普通の会話らしく、優子も頷く。
 しかし自室で脱ぐと、やっぱり傷痕が身体のあちこちに残っている。そんな中、優子は夕に掴まれた手の感触を思い起こしていた。
 「どうして、今更…」

 その頃の夕は、やっぱりナイフを手にしたまま雨の中立ち尽くしている。眼に宿る光が微妙にやば気な雰囲気。

 次回、「08 reutter」。
 これからreをつけて今までのタイトルをやり直していくんでしょうか。今まではfutureを引っくり返した流れで「未来の逆位置」と言う印象でしたが、今回は「未来をやり直す」?
 おそらく来たるべき未来は「優子は死に、久瀬も死ぬ」だと思います。そしてその流れは変わる事はない。この物語にとって、未来なんて希望に満ち溢れたものではなく、只そこに佇むもの。
 そこにどう行き着くのか。それを見守る物語。そう思っています。



●「ef - a tale of memories.」第4話「honesty」@キッズステーション
 そういや前回ちょろっと久瀬が出てきましたけど、「そやね」みたいな事を言ってたので彼は関西出身なんでしょうか?音羽の学校に居たけど。
 
 「知ってるか?人間って生のでんぷんは消化出来ないんだぞ?」…紘…お前って奴は…昔、景にどんな飯喰わされたんだ…。
 どうして料理が出来ない人は、味見しないのかねえ?でも今の景は努力しようとはしてますので、紘にとんでもない飯食わせた自覚はあるらしいな。実験台にされてるミズキはたまったもんじゃないでしょうが、まだ死なないレベルのものになってるから昔よりはマシなのだろうか。
 でもみやこはきちんと料理が出来てしまう。そこに敗北感を抱き始める景。手料理に弱いからな男は!

 蓮治と千尋パート。千尋の物語を書きたいという願いを手助けしようと考える蓮治。しかし千尋はそれを拒絶する。
 「何も出来ない私だけど、もしそれも出来なかったら、私には何もなくなってしまいます」挑戦する事を恐れているらしい。
 記憶を失い続ける千尋。どうにか普通に付き合おうとしている蓮治。
 「どうしてあなたは私以上に私の事を知っているんですか!?」
 彼女の叫びを受け止め、倒れそうになった彼女を抱きとめる。蓮治君、男の子だねえ。

 1期は千尋の記憶が鍵となるから「memories」で、2期は久瀬のバイオリンの音が鍵となるから「melodies」なんでしょうかね。
| S.C. | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:30 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Web拍手

一言

お勧めエントリ

ゲームセンターCX 年越し生放送レポ+未放映分
ゲームセンターCX 24時間生放送SPレポ
ミスチルツアーセットリスト(09スパマケ+09終末+07HOME)
MELL「Red fraction」和訳
「RD 潜脳調査室」をこれから視聴する人のためのFAQ
「RD 潜脳調査室」擬似インタビューシリーズ(全6回)
「RD 潜脳調査室」フェイバリット5+全話感想アーカイブ
RD関連記事&関連商品アーカイブ
タクト様ゲームプレイログ2

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS)
直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室 2 (2) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
吉川 博尉
12/22発売。今回は既にAmazonしました。

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2]
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX[2] (JUGEMレビュー »)

11/21発売。勿論さくっとAmazonしましたよ?

Recommend

RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組)
RD 潜脳調査室 コレクターズBOX 1(3枚組) (JUGEMレビュー »)

8/28Amazonさんから届いたあああああ!!

Recommend

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,LAST ALLIANCE
8/28Amazonさんから届いてたあああああ!!2枚組だからもっとごっつい荷物かと思ってました。

Recommend

RD 潜脳調査室 Redeemable Dream
RD 潜脳調査室 Redeemable Dream (JUGEMレビュー »)
秋田 禎信,士郎 正宗 (原作)
8/9確保。流し読んだけどまともな感想は盆開けにでも。つーか久島は永一朗だきちんと校正してくれ。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links